1. ダイエットレスキュー
  2. 食品チョレギサラダのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

チョレギサラダのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

チョレギサラダ

チョレギサラダとは浅漬けキムチのことなのですが、日本的に言えば塩だれをかけた生野菜のサラダを指すことがほとんどですね。そのため、本場韓国でチョレギサラダを注文しても、日本のような生野菜は登場しません。

今回は日本風のチョレギサラダのカロリーや糖質、脂質を紹介しましょう。

チョレギサラダのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはチョレギサラダのカロリーから見ていきましょう。

  • チョレギサラダのカロリー:51kcal/100gあたり

日本のチョレギサラダは生野菜に少しのドレッシングをかけたサラダですから、基本的にカロリーは低めです。使用する野菜がサニーレタスやきゅうり、ネギなど低カロリーなもので、味付けを薄めにしておけば100gあたり50kcal以下もありえます。

しかも、野菜類がたっぷりで様々な栄養を摂取することが可能です。ダイエット中に不足しがちな栄養を補う意味でも定期的に食べるといいかもしれません。また、焼き肉の際はチョレギサラダをご飯代わりにすると、摂取カロリーを抑えられます。

ただ、ドレッシングをかけすぎるとカロリーは高くなりますので、ほどほどにしておいてください。

チョレギサラダの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にチョレギサラダの糖質を見ていきましょう。

  • チョレギサラダの糖質:3.8g/100gあたり

サニーレタスは100gあたり1.2gしか糖質を含みませんが、ニンジンが100gあたり6.5gの糖質を含むため、チョレギサラダは100gあたり3.8gほどの糖質量になります。

100gあたり糖質3.8gといえば、1kg食べたとしても糖質オーバーにならない程度には低糖質です。また、肉類はほぼ糖質を含みませんから、チョレギサラダと焼肉の組み合わせなら糖質オーバーはまずないでしょう。糖質摂取量を抑えつつお腹いっぱい食べることができそうです。

ちなみに、ドレッシングの糖質は大さじ1杯で3.8gくらいです。極端なかけすぎには気を付けましょう。

チョレギサラダの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にチョレギサラダの脂質を見ていきましょう。

  • チョレギサラダの脂質:2.6g/100gあたり

チョレギサラダの脂質はほぼドレッシングのせいだと考えてください。野菜類は100gあたり0.2g前後しか脂質を含みません。

脂質2.6gは成人男性の1食分である20gの1/7くらいですから、チョレギサラダは脂質も低いと言えるでしょう。1人前が多めの200gや300gでも安心していただくことが出来ます。

ただし、肉類は部位によって高脂質です。焼肉とセットで食べるときは、肉の脂質に気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.