1. ダイエットレスキュー
  2. 食品昆布のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

昆布のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

昆布

私たち日本人の生活に古くから活用されてきた昆布。だしを取ったり、煮物に使用したり、また佃煮なども美味しいですよね。和食に欠かせない昆布は、水溶性食物繊維やミネラルが豊富。さらにうまみ成分のグルタミン酸も含まれているのです。

そんな昆布のカロリーや糖質、脂質についてまとめました。何となく低カロリーなイメージを持っている人が多いと思いますが、どれくらいのカロリー・糖質・脂質を含んでいるのでしょうか?

昆布のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは昆布のカロリーをご紹介します。

  • 昆布のカロリー:140kcal/100gあたり

※長昆布(乾燥)の場合

スーパーなどでもよく見かける長昆布は、100gあたり140kcalです。

ただし、上記の数字は乾燥している状態の昆布のカロリー。昆布の種類や商品によっても差が出てくるでしょうが、昆布は基本的に水に戻して使いますよね?水を含むと体積が何倍にも増えますから、乾燥した状態の昆布100gを一度に食べるなんて普通ならあり得ません。

一食分だと、だいたい乾燥した状態で10gくらいでしょうか。10gあたりのカロリーは14kcalですから、食材の中ではかなり低カロリーと言えます。ですから、昆布を上手に料理に活用することで痩せられる可能性はありそうですね。

昆布の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に、昆布の糖質量をチェックしてみましょう。

  • 昆布の糖質量:21.7g/100gあたり

※長昆布(乾燥)の場合

昆布の糖質量は100gあたり21.7gです。

炭水化物量で見ると100gあたり58.5gとなかなかの数字なのですが、昆布には食物繊維が豊富に含まれています。「炭水化物=糖質+食物繊維」なので、昆布の食物繊維100gあたり36.8gを差し引くと糖質量が算出できます。

しかも昆布の一食分は10gほどですから、糖質制限ダイエットをしている人も食べることができそうですね。

ただし注意しておきたいのが昆布の味付けです。昆布の佃煮になると100gあたりの糖質量は27.1gとやや上がってしまいます。しかも佃煮はごはんも進んでしまいますから、食べ過ぎには要注意ですよ。

昆布の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

昆布にはどれくらいの脂質が含まれているのでしょうか。

  • 昆布の脂質:1.5g /100gあたり

※長昆布(乾燥)の場合

脂質は100gあたり1.5gですから、かなり低脂肪と言えるのではないでしょうか。

食品の脂質を気にする人も少なくないと思いますが、昆布に関しては脂質をそれほど心配する必要はなさそうです。

昆布のカロリー、糖質、脂質について見てきました。昆布の一食分の量はだいたい10gほどですから、それを考慮するとカロリー、糖質、脂質いずれも、それほど気にする必要はなく、ダイエットに活用したい食材と言えそうですね。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.