1. ダイエットレスキュー
  2. 食品カニ鍋のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

カニ鍋のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

カニ鍋

カニ鍋は高級食材として有名なカニを贅沢に使った鍋料理のことです。そのため、年末年始やお祝い事など何か特別な日に食べることが多いかもしれません。しかし、食べ始めると無言になってしまう欠点を持ちます。

今回はそんなカニ鍋のカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

カニ鍋のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはカニ鍋のカロリーから見ていきましょう。

  • カニ鍋のカロリー:122kcal/1人前

実はカニ鍋は鍋料理の中でも特に低カロリーな部類です。というのも、まずカニ(タラバガニ)が100gあたり59kcalしか含みません。しかも、カニ鍋の場合はカニがメインですから、別に肉類を入れることも少ないでしょう。

となると、残りの食材は野菜類やキノコ類、豆腐など低カロリーなものばかりですから、カニ鍋のカロリーが低くなるのは当然です。場合によっては200kcal近くなるものの、それでも十分に低カロリーと言えるでしょう。

味付けもシンプルに出汁と少しの調味料で行うため問題ありませんし、ダイエット中に鍋料理を食べるならカニ鍋は非常におすすめです。シメに雑炊を食べたとしても、500kcal前後の摂取で済むでしょう。

カニ鍋の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にカニ鍋の糖質を見ていきましょう。

  • カニ鍋の糖質:10.7g/1人前

メインであるカニは100gあたり0.2gしか糖質を含みません。加えて、野菜類やキノコ類、豆腐の糖質も低いことから、カニ鍋は糖質も低めの鍋料理と言えるでしょう。ただ、糖質については鍋料理全般が低いとも言えます。

おそらく、普通に作っていれば糖質が極端に高くなることはありません。しかも、カニを食べるのに時間がかかるため、少ない量でも満足しやすいです。食事の時間が長くなるほど人間は少ない量でも満腹を感じやすくなります。

ただし、雑炊やうどんでシメるのは禁止ですよ。糖質制限中の方は耳タコかもしれませんが、ご飯やうどんは糖質の塊ともいえる食品です。

カニ鍋の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にカニ鍋の脂質を見ていきましょう。

  • カニ鍋の脂質:3.3g/1人前

カニは種類を問わず100gあたり0.3g前後しか脂質を含まないため、カニ鍋は脂質も低い傾向にあります。普通の鍋料理だと肉類を入れるためカロリーが高くなりがちですが、カニ鍋の場合はそれが無いのが大きいです。

トマト鍋のようにチーズを加えたりすることもありませんし、特に脂質が高くなる要素もないでしょう。カニ鍋はカロリー、糖質、脂質の全てにおいて優秀な料理と言えます。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.