1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ナチョスのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ナチョスのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ナチョス

ナチョスはトルティーヤチップスに溶かしたチーズをかけた料理で、トッピングとして牛肉やチリコンカン、ハラペーニョなどが用いられます。材料の時点で既にカロリーの高さが垣間見えるわけですが、実際の数字はどのくらいなのでしょうか。

今回はナチョスのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

ナチョスのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはナチョスのカロリーから見ていきましょう。

  • ナチョスのカロリー:214kcal/100gあたり

ナチョス1人前は200~250gくらいでしょうか。その場合は428~535kcalくらいになります。対して、成人男性の1食分が600~700kcalですので、ナチョスのカロリーは高めだと考えるべきでしょう。量によってはナチョスだけで1食分のカロリーを摂取することになります。

そもそも、油をたっぷり使って作るトルティーヤチップスの時点で高カロリーなのですから、ナチョスのカロリーが低くなるはずもありません。そこに、チーズなど高カロリーな食材が加わると考えれば、ナチョスのカロリーが高いのも納得でしょう。

中にはチーズを使わないレシピも存在しますが、それでもトルティーヤチップスは使うわけですから、極端なカロリー低下は見込めません。基本的にナチョスはカロリー制限ダイエットに向かない一品だと考えてください。

ナチョスの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にナチョスの糖質を見ていきましょう。

  • ナチョスの糖質:17.1g/100gあたり

1人前が200~250gだと、糖質は34.2~42.8gほどです。対して、スタンダード糖質制限の目安が1食あたり40gまでですから、ナチョスは糖質も高いと言わざるを得ません。

糖質が高いのもトルティーヤチップスのせいだと考えて間違いないでしょう。トルティーヤ自体がトウモロコシの粉を使って作るれるため、100gあたりだと44.7gもの糖質を含んでいるのです。

つまり、ナチョスの糖質を下げるにはトルティーヤの糖質を下げる必要があります。トウモロコシの粉を使う場合は難しいものの、大豆粉などを使えばトルティーヤの糖質を下げることも可能です。言ってしまえばトルティーヤもどきなわけですが、糖質制限中にナチョスを食べたい方はチャレンジしてみるのもいいでしょう。

幸いなことに、チーズや挽肉などの食材は糖質をほとんど含みません。

ナチョスの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にナチョスの脂質を見ていきましょう。

  • ナチョスの脂質:11.7g/100gあたり

1人前が200~250gだと、脂質は23.4~29.3gにもなります。対して、1食に摂取できる脂質は16~20gと言われますから、ナチョス1人前だと大幅な脂質オーバーです。

先ほど言ったようにトルティーヤチップスに油をたっぷり使用しますし、チーズや挽肉も高脂質な食品ですから脂質が高くなるのは当たり前でしょう。チーズを使用しないレシピなら多少は脂質が下がるものの、トルティーヤチップスを使う時点である程度の脂質は覚悟しておいてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.