1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ジンギスカンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ジンギスカンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ジンギスカン

ジンギスカンは北海道を代表する名物料理のひとつ。マトンやラムなどの羊肉を野菜と共に鉄板の上に乗せ、羊肉から出る油で野菜を調理していきます。この時使用する鉄板は中央が盛り上がった特殊なもので、ジンギスカン鍋と呼ばれています。

今回はそんなジンギスカンのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ジンギスカンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはジンギスカンのカロリーから見ていきましょう。

  • ジンギスカンのカロリー:114kcal/100gあたり

ジンギスカンはラム肉だけでなく野菜類がたっぷり入るため、100gあたりのカロリーはそう高くありません。ただ、1人前が300~400g程度はありますから、まるまる食べてしまうと342~456kcalほど摂取することになります。

ここに1杯で270kcalほどあるご飯をセットにすると、成人男性の1食分である600~700kcalを超えてしまう恐れがあります。そのため、カロリー制限中にジンギスカンを食べるなら、その量に注意すべきでしょう。

ちなみに、ラム肉のカロリーは100gあたり227kcalほどですので、肉の量が増えるほどにカロリーは増加します。これを踏まえ、自宅でジンギスカンを作るときには肉をやや少なめにし、野菜類をたっぷり入れましょう。

ジンギスカンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にジンギスカンの糖質を見ていきましょう。

  • ジンギスカンの糖質:5.9g/100gあたり

1人前が多めの400gだとしても糖質は23.6gですから低糖質な方と言えるでしょう。目安としてはスタンダード糖質制限の1食分が糖質40g以下です。

ラム肉の糖質が100gあたり0.1gしか無いため、糖質的には肉の量を増やした方が100gあたりの数字が低くなるかもしれません。とはいえ、ラム肉はカロリーや脂質が高めですし、ほどほどにした方がいいでしょう。

野菜類もカボチャやタマネギなどを除けば低糖質な部類です。いろいろな野菜を入れて栄養バランスも良好なジンギスカンを目指しましょう。

ジンギスカンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にジンギスカンの脂質を見ていきましょう。

  • ジンギスカンの脂質:6.4g/100gあたり

1人前が400gあると脂質25.6gで、1食分とされる16~20gを超えてしまいます。300gだとしても脂質19.2gあるわけですから、ジンギスカンは脂質が高めと考えておきましょう。

これは、ラム肉が100gあたり16gの脂質を持つうえ、調理に油類を用いるためです。脂質を16g程度に抑えたい方は、ラム肉の量を少しだけ減らすといいかもしれません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.