1. ダイエットレスキュー
  2. 食品シマチョウのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

シマチョウのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

シマチョウ

シマチョウは牛ホルモンの一種で、具体的には大腸の部分です。韓国語で大腸を「テチャン」ということから、テッチャンという名前で呼ばれることもあります。用途としては焼肉が主流ですが、他にも唐揚げや炒め物などに利用されます。

今回はそんなシマチョウのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

シマチョウのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはシマチョウのカロリーから見ていきましょう。

  • シマチョウのカロリー:162kcal/100gあたり

牛肉と言えば100gあたり300kcalや400kcalが普通なわけですが、シマチョウは100gあたり162kcalと比較的ヘルシーです。バラ肉やロースなどはもちろんのこと、他の牛ホルモンに比べても低めの数字です。

そのため、ダイエット中でも口にしやすい部位と言えるでしょう。ギアラやコプチャンなど高カロリーなホルモンを食べるなら、シマチョウに切り替えるのがおすすめです。

ただ、唐揚げや煮込み料理にするとカロリーが高めになりますので、ダイエット中ならシンプルに焼肉でいただきましょう。味付けはカロリーをほぼ含まない塩が良好です。

シマチョウの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にシマチョウの糖質を見ていきましょう。

  • シマチョウの糖質:0g/100gあたり

シマチョウはデータ上で見れば糖質を含んでいません。そのため、カロリーではなく糖質制限でダイエットを行っている方なら、好きなだけ食べても大丈夫です。また、唐揚げや炒め物にしても糖質は低めのままでしょう。

とはいえ、別にシマチョウだけが極端に低糖質なわけではありません。コプチャンやミノ、センマイなど部位を問わず、牛のホルモンは糖質をほぼ含まないのです。

つまり、糖質制限ならシマチョウに限らずカロリーの高い部位も摂取していいことになります。さすがにシマチョウだけでは飽きてしまいますので、いろいろな部位と組み合わせてみてください。ちなみに、焼き肉のタレは糖質が高めです。できれば使わないようにしておきましょう。

シマチョウの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にシマチョウの脂質を見ていきましょう。

  • シマチョウの脂質:13g/100gあたり

牛肉の脂質はおおむねカロリーに比例します。実際、シマチョウもハチノスやギアラなどカロリーの高い部位よりは脂質が低めです。とはいえ、100gあたり13gはそれなりの脂質量であり、食べ過ぎは脂質過多に直結します。

1食分の脂質目安量である16~20gを超えないよう、摂取量を調整してください。ちなみに、揚げ物にすると脂質が一気に2倍程度になることもあります。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.