1. ダイエットレスキュー
  2. 食品カイノミのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

カイノミのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

カイノミ

カイノミは中バラの中でもヒレ肉に近い部位のことを指します。1頭の牛から取れる量が非常に少ない希少部位であり、レストランでいただく場合はやや予算を多めに用意する必要が出てきます。ただ、その分だけ柔らかくて美味しい部位という意見も多いです。

今回はそんなカイノミのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

カイノミのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

カイノミの正確なカロリー量は食品成分表などに記載が無いため分からないのですが、バラ肉の一種ですので、一般的なバラ肉とそこまでの違いはないと思われます。バラ肉のカロリーが100gあたり371kcalですから、同じくらいと考えるのがいいかもしれません。

  • カイノミのカロリー:371kcal/100gあたり

牛肉のカロリーは基本的に脂身の多さに依存しており、カイノミはサシが入りやすい部位と言われています。つまり、高カロリーな可能性は高いわけです。

ただ、ヒレ肉に近い部位なことから、実際はもう少しだけ低カロリーかもしれません。とはいえ、ダイエット的には少し高めに見積もっておくべきでしょう。希少部位で口にすることは少ないと思われますが、カロリーオーバーには気を付けてください。

カイノミの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にカイノミの糖質を見ていきましょう。

  • カイノミの糖質:0.2g/100gあたり

こちらもバラ肉のデータを参考にした数字ですが、糖質量についてはそうズレないでしょう。というのも、牛肉はどの部位にしても100gあたりの糖質が0.3g前後です。そのため、カイノミの糖質が実は100gあたり5gも10gもあった、なんてことはありえません。

ですので、糖質的には安心して口にすることができます。よほど過剰な味付けでもしない限り、カイノミが原因で糖質オーバーを起こすことはないでしょう。

ただ、レストランのステーキだと付け合わせにジャガイモやコーンなど高糖質な食品がセットで登場するかもしれません。出来ることなら、これはあらかじめ断っておきましょう。

カイノミの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にカイノミの脂質を見ていきましょう。

  • カイノミの脂質:32.9g/100gあたり

こちらもバラ肉のデータを参考にしていますが、先ほども言ったようにサシの入りやすい部位ですので、脂質が低いということは無いでしょう。基本的に脂質が高めだと考えておくのが無難です。

100gの脂質が32.9gの場合は、女性が摂取できる脂質の2食分に相当します。カイノミのステーキなどをいただいた後は、なるべく脂質の高い料理を避けるようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.