1. ダイエットレスキュー
  2. 食品おつまみのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

おつまみのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

枝豆とビール

本物のお酒飲みは、塩をおつまみにしてお酒を飲むと言われていますが、ほとんどの人はお酒にはおつまみが欲しくなりますよね。でもダイエット中ですと、どんなおつまみを食べても大丈夫なのか悩みますよね。カロリーや糖質、そして脂質も気になるところです。そこで、人気のおつまみのカロリー・糖質・脂質について調べてみました。

おつまみのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

おつまみにはとてもたくさんの種類がありますので、ここでは代表的なおつまみにどれくらいのカロリーが含まれているのかを紹介します。

おつまみの種類カロリー(100gあたり)
ビーフジャーキー315kcal
チーカマ143kcal
あたりめ334kcal
ミックスナッツ588kcal
枝豆134kcal
チーズ鱈(チータラ)350kcal
うずら燻製191kcal
焼きししゃも177kcal

圧倒的にカロリーが高いのは、ビールやハイボールなどと一緒に食べることの多いミックスナッツです。ナッツ類はとても栄養価が高く、非常食や行動食に利用している人もいるくらいです。このため、カロリー制限でダイエットをしている人は、ミックスナッツに限らずナッツ類は避けましょう。

比較的カロリーが少なめなのは枝豆と焼きししゃも、そしてチーカマです。いずれもコンビニで簡単に入手できるおつまみですので、カロリーが気になる人はこれらのおつまみがおすすめです。それでもややカロリーは高めですので、食事での摂取カロリーを減らすように工夫してください。

おつまみの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

糖質制限ダイエットをしている人はカロリーを気にする必要はありませんが、糖質量だけはきちんと管理したいところです。

おつまみの種類糖質(100gあたり)
ビーフジャーキー
6.4g
チーカマ13.0g
あたりめ0.4g
ミックスナッツ10.4g
枝豆4.3g
チーズ鱈(チータラ)16.0g
うずら燻製6.6g
焼きししゃも0.5g

糖質制限で避けたいのは、チーカマとチータラです。どちらも糖質が高いというイメージはないかもしれませんが、どちらも原材料に植物性タンパクを含みます。植物性タンパクはタンパク質のように思えますが、その元になっているのは小麦や大豆です。小麦は糖質が多く含まれていますので、もちろんNGです。

その他はミックスナッツがやや糖質が多めなくらいで、糖質を気にしなくてはいけないものはあまりありません。焼きししゃもは100g中の糖質量が0.5gしかありません。1匹は30gくらいですので、まったく気にしなくてもいいおつまみでおすすめです。

おつまみの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

カロリーや糖質だけでなく脂質も避けたいという人もいますよね。特に女性は1日の摂取基準が48.6gとかなり少なめですので、気になる成分のひとつかと思います。

おつまみの種類脂質(100gあたり)
ビーフジャーキー
7.8g
チーカマ12.0g
あたりめ4.5g
ミックスナッツ57.6g
枝豆6.1g
チーズ鱈(チータラ)20.4g
うずら燻製12.0g
焼きししゃも11.6g

脂質が多いのは、ここでもやはりミックスナッツです。100gのミックスナッツで57.6gもの脂質が含まれていますので、女性ならそれだけで1日の摂取量をオーバーします。ナッツは油の減量にもなるくらい脂質が豊富ですので、気になる人は避けるようにしましょう。

脂質を抑えたい人は、ビーフジャーキーやあたりめ、枝豆がおすすめです。いずれも100g中に含まれる脂質が10g以下です。ただし、食べ過ぎればいずれも基準量をオーバーしますし、ビーフジャーキーとあたりめはカロリーが高めですので、脂質とカロリーのどちらを重視するかをよく考えて選びましょう。

ダイエット中におつまみを食べるときの注意点

ポイントを教える女性

ダイエット中におつまみを食べるのに気をつけたいのは、下記の3点になります。

  • 枝豆と一緒に飲む
  • サラダや生野菜を食べる
  • お酒を飲みすぎないこと

枝豆は定番中の定番で、カロリー、糖質、脂質すべての点において優れています。またアルコールの分解に効果的とも言われていますので、二日酔いになりにくいと言われています。枝豆が嫌いというのでなければ、かなりおすすめのおつまみです。

また、カロリーや糖質、そして脂質の摂取を減らすために、サラダなどの生野菜を多めに食べるようにしましょう。野菜でお腹をいっぱいにしておけば、おつまみの量を減らすことができます。コンビニでも購入できますので、お酒を飲むときには多めの野菜を心がけてください。

そして、言うまでもありませんがお酒の飲み過ぎには要注意です。お酒はカロリーが高く、種類によっては糖質も多く含んでいます。何よりも食欲が上がり判断力が下がるため、どうしてもおつまみをついつい食べすぎてしまいます。ダイエットしやすいおつまみを選ぶことも重要ですが、お酒の飲み過ぎには注意してください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.