1. ダイエットレスキュー
  2. 食品がんもどきのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

がんもどきのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

がんもどき

がんもどきは潰した豆腐にニンジンやゴボウなどの野菜類を混ぜ、円形に成型したのち揚げた食品のことで、おでんや煮物料理などに用いられます。豆腐の柔らかい食感に加え、野菜類のコリコリした食感が楽しめる食品ですね。

今回はそんながんもどきのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

がんもどきのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはがんもどきのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
がんもどき228kcal
厚揚げ150kcal
油揚げ386kcal

今回は同じく豆腐を油で揚げた厚揚げや油揚げとカロリーを比較してみました。豆腐は100gあたり70kcal程度しか持ちませんから、油で揚げることによって、いかにカロリーが高くなっているか分かります。

がんもどきの場合は豆腐以外にニンジンなどの野菜類を使用しますが、これとカロリーが高いのは関係ないでしょう。野菜類は基本的に低カロリーです。カロリーが高いのはほぼ油のせいだと考えてください。

さて、この数字に対して成人男性の1食分は600~700kcalです。がんもどきは大きめのものだと1個で100g前後ありますから、3個も食べれば1食分のカロリーを摂取することになってしまいます。

油揚げほどではないものの、十分に高カロリーですので摂取量には気を付けましょう。特に煮物料理にするときは注意が必要で、味付けを濃くしてしまうと、それだけカロリーが上昇します。

がんもどきの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にがんもどきの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
がんもどき0.2g
厚揚げ0.2g
油揚げ1.4g

豆腐を揚げた食品達の糖質を見ていると基準が分からなくなりそうですが、スタンダード糖質制限の1食分は糖質40g以下です。つまり、がんもどきなら20kgまで食べられる計算になります。

がんもどき20kgは、1個が100gだとしても200個。これだけ食べれば確実に満腹、というよりも10個あたりの時点でギブアップでしょう。

そんな話が出来るくらいには低糖質なわけですから、これ以上ないほど糖質制限向けの食品と言えます。しかも、豆腐以外にもニンジンなどの野菜が加わっているため、栄養バランスもそこまでは悪くありません。

もちろん、がんもどきだけでは補えない栄養もたくさんありますが、厚揚げや油揚げなど豆腐だけで出来た食品よりは良好でしょう。

注意点としては、煮物にすると糖質が高くなりやすいところでしょうか。煮物は砂糖やみりんなど甘めの味付けを用いることが多いですからね。できればサッパリしたおでんなどでいただきましょう。

がんもどきの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にがんもどきの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
がんもどき17.8g
厚揚げ11.3g
油揚げ33.1g

がんもどきは油を用いて揚げた食品ですので、やはり脂質は高めになります。1個が100gだとすれば、それだけで1食分である16~20gの脂質を摂取してしまいます。

それでいて、がんもどき1個では満腹になりませんし、脂質制限中の摂取は考え物です。食べるにしても、1個の半分程度、または小さめのものを用意するといいかもしれません。

ちなみに、豆腐や野菜類はあまり脂質を含まないです。つまり、脂質が高いのもほぼ油のせいだと考えてください。

揚げないがんもどきならヘルシー

ポイントを教える女性

がんもどきといえば揚げ物であり、市販品のほとんどは油をたっぷり使って揚げています。そのため、カロリーや脂質が高くなってしまうのです。

最近はネットやレシピブックなどに揚げないがんもどきが掲載されており、これなら油を使わない分だけカロリーや脂質の軽減が期待されます。多くはフライパンで焼いて完成させるため、少量は油を使うものの、揚げに使う油と比べれば些細なものです。

また、中には油を全く使わずに茹でて完成させるがんもどきも存在しますから、ダイエット中の方はぜひチャレンジしてみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.