1. ダイエットレスキュー
  2. 食品コールスローのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

コールスローのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

コールスロー

ファストフードなどのサイドメニューを選ぶときに、ダイエット中ですと何を選んでいいのか悩みますよね。よくあるメニューにコールスローがありますが、野菜なのでヘルシーな気もしますが、ドレッシングがかかっているのでカロリーも気になります。

ここではそんなコールスローのカロリーと糖質を紹介しながら、ダイエットに向いているのか、それとも太りやすい料理なのかについて説明します。

コールスローのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまずコールスローのカロリーについて見ていきましょう。比較の対象がないとコールスローのカロリーが高いのか低いのかの判断ができませんので、サイドメニューでよくあるサラダと並べてご紹介します。

種類カロリー(100gあたり)
コールスロー122kcal
コーンサラダ129kcal
ごぼうサラダ158kcal

コーンサラダやごぼうサラダと比べると、コールスローのカロリーの低さが目立ちます。100gのコールスローで122kcalですので、低カロリーとは言えませんが、それでもカロリー制限ダイエット中でも問題なく食べることができる値です。

女性が1食で摂取するカロリーの目安は583kcalです。コールスローは1人前で100g程度ですので、コールスローを食べると、他の料理で461kcalまで食べることができます。合わせる料理に制限はありますが、カロリーオーバーにならないように気をつけて食べるようにしましょう。

コールスローの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次に、コールスローの糖質についても見ていきましょう。材料に糖質が多く含まれるものはありませんが、すべてを合わせたときにはどれくらいの糖質になるのでしょう。

種類糖質(100gあたり)
コールスロー4.4g
コーンサラダ5.8g
ごぼうサラダ10.6g

コールスロー100gに含まれる糖質量は4.4gしかありません。他のサラダと比較しても、かなり低いことがわかります。スタンダードな糖質制限をするときには、1食あたりに摂取していい糖質量は40gまでです。それと比べても、十分低いことがわかります。

コールスローは糖質制限ダイエットとの相性が良く、痩せやすいメニューのひとつです。ダイエット中は積極的に活用しましょう。ただし、食べ過ぎは糖質オーバーに繋がります。1食分で糖質量が40gを超えないように気をつけてください。

コールスローの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

カロリーと糖質について見てきましたが、ダイエットをしている人が気にしているもうひとつの栄養成分である脂質はどうでしょう?脂質制限にコールスローは適しているのでしょうか。

種類脂質(100gあたり)
コールスロー10.7g
コーンサラダ10.4g
ごぼうサラダ10.3g

コールスローだけでなく、コーンサラダもごぼうサラダも脂質が10g以上あり、あまり脂質制限に向いていません。女性が1食で摂取する脂質の目安は16.2gです。コールスローの脂質は10.7gですので、残り5.5gしか脂質を摂取できません。

サラダはドレッシングに多くの脂質が含まれています。このため最初からドレッシングが絡まっているコールスローは脂質を減らすことがとても難しいので、できるだけ他のサラダを選んで、ドレッシングを使わずに食べるようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.