1. ダイエットレスキュー
  2. 食品マグロのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

マグロのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

マグロ

マグロはツナの原材料として有名な魚。日本のみならず世界中で食用にされており、その食べ方は地域により様々です。日本の場合は刺身や海鮮丼など生でいただくことが多いですね。後はステーキや缶詰などが有名です。

今回はそんなマグロのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

マグロのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

普段、種類を気にすることは少ないかもしれませんが、一口にマグロと言ってもいくつかの種類が存在します。その中でも特に有名な5種類のカロリーを比較してみましょう。

マグロの種類カロリー(100gあたり)
本マグロ125kcal
ミナミマグロ93kcal
メバチマグロ108kcal
キハダマグロ106kcal
ビンチョウマグロ117kcal

こうしてみると、種類によるカロリーの差はそこまで無いのが分かります。最も低カロリーなミナミマグロと最も高カロリーな本マグロで100gあたりの差が32kcalです。大きいと言えば大きいものの、1食に300gも400gも食べるのでなければ、そこまでは気にならないでしょう。

そもそも、マグロは100gあたり100kcal前後しかないわけですから、本マグロですら低カロリーと言えます。ぶりや鯖などの魚に比べてダイエット中でも幾分か口にしやすいです。調味料のカロリーが加わらない刺身なら、やや多めに摂取しても問題ありません。

ちなみに、この種類のうち最も口にする機会が多いのはメバチマグロでしょうか。刺身での消費量が最も多いとも言われています。

マグロの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にマグロの糖質を見ていきましょう。

マグロの種類糖質(100gあたり)
本マグロ0.1g
ミナミマグロ0.1g
メバチマグロ0.2g
キハダマグロ0.0g
ビンチョウマグロ0.2g

カロリーもたいがい差が少なかったわけですが、糖質になるとさらに顕著で、種類による差はほぼありません。そして、どのマグロも文句なしに低糖質であり、糖質制限ダイエットにはぴったりと言えます。

魚類全般が低糖質なため、マグロが特におすすめということはありませんが、糖質制限中の方はいろいろな方法で取り入れてみるといいでしょう。刺身はもちろんのこと、ステーキや焼きマグロなどもおすすめです。

ただ、寿司は止めておきましょう。あれはシャリが糖質を多く含みますから糖質制限向けではありません。また、同じ理屈で刺身に白米をセットにするのもアウトです。

マグロの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にマグロの脂質を見ていきましょう。

マグロの種類脂質(100gあたり)
本マグロ1.4g
ミナミマグロ0.1g
メバチマグロ1.2g
キハダマグロ0.4g
ビンチョウマグロ0.7g

マグロは全体的に脂の量が少なく脂質も低めです。そのため、脂質についても気にせず摂取できるでしょう。つまり、マグロはカロリー、糖質、脂質の全てにおいて優れた魚類だと言えます。

最も高脂質な本マグロですら100gあたり1.4gですから、特に種類を厳選する必要もありません。食べ方などに合わせて好きな種類を選びましょう。

ちなみに、1食分の脂質目安は16~20gで、極端に不足するのもよくないとされています。そのため、ドレッシングをかけたサラダをセットにして少し調整するのもいいかもしれません。

トロはカロリーが高いので気を付けよう

ポイントを教える女性

マグロにおける脂身部分のことをトロと言い、柔らかく口の中でとろけるような食感を持つことから人気があります。しかし、本マグロから取れるトロの量は体重の5%程度しかないため、普段はなかなか食べることができません。

とはいえ、下記のようにトロはカロリーや脂質が高いわけですから、頻繁な摂取が出来ないくらいがちょうどいいでしょう。

トロの種類カロリー(100g)糖質(100g)脂質(100g)
トロ(本マグロ)344kcal0.1g27.5g
トロ(ミナミマグロ)352kcal0.1g28.3g

赤身のマグロに比べてカロリーは3倍程度、脂質は10倍以上に膨れ上がっています。これを大量に食べてしまえばカロリーオーバーになるのは目に見えていますね。

そうそう大量に摂取する機会は無いと思いますが、トロが高カロリー、高脂質なのは覚えておきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.