1. ダイエットレスキュー
  2. 食品くじらのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

くじらのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

くじら

くじらの肉と言えば肉類の中でも貴重であり、通販などで購入できるものの、その価格は高めに設定されています。そのため、入手難易度はやや高めですが、実はカロリーが低いことからヘルシーでダイエット向けの肉と言われることがあります。

今回はくじらのカロリーや糖質、脂質を紹介しましょう。

くじらのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはくじらのカロリーから見ていきましょう。

  • くじらのカロリー:106kcal/100gあたり

冒頭で話したように、くじらの肉はヘルシーで100gあたり106kcalしかありません。しかも、くじらの肉は牛や豚などの獣肉の代用品として利用されることがあり、ステーキや炒めものなどにも用いられます。

このことから、牛肉や豚肉のカロリーが高いと思った時、くじら肉に切り替えるのもありでしょう。とはいえ、現在はくじらの入手難易度が高いため頻繁に摂取するのは難しいかもしれません。

カロリーが低いのは魅力的ですが、さすがにコストと見合わないでしょう。ですので、手に入ったら牛肉などの代わりに使うくらいの感覚で大丈夫です。

ちなみに、ベーコンになるとカロリーはやや高めになりますから、使い過ぎには気を付けてください。

くじらの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にくじらの糖質を見ていきましょう。

  • くじらの糖質:0.2g/100gあたり

獣肉も魚肉も糖質が低いのは共通しています。くじらの肉も100gあたり0.2gしか糖質を含みませんので、糖質制限ダイエットならお腹いっぱい食べることができます。加工品として有名なベーコンも糖質は低めでしょう。

糖質が高くなることがあるとすれば、砂糖やみりんを用いた煮物や、衣のついた竜田揚げなどにした場合ですが、それでもスタンダード糖質制限の1食分である40gを超えることはそうそう無いと思われます。

くじらの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にくじらの脂質を見ていきましょう。

  • くじらの脂質:0.4g/100gあたり

基本的に獣肉も魚肉もカロリーが低いということは、脂質も低いと考えて問題ありません。実際、カロリーが低めなくじらは脂質をほとんど含みません。

糖質よりは少し高いものの、こちらもステーキなどならお腹いっぱい食べられそうです。ただ、竜田揚げやカツなどの揚げ物は油を多く使用するため危険です。油を使えば脂質だけでなくカロリーも増えますし、出来るだけ刺身や鍋などシンプルな料理でいただくようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.