1. ダイエットレスキュー
  2. 食品金時豆のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

金時豆のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

金時豆

金時豆は赤紫色をした楕円形の豆で、インゲン豆の栽培品種のひとつです。北海道で作られるインゲン豆については7割が金時豆であり、よく甘煮に利用されます。また、皮が硬くて煮崩れしにくいことから、甘納豆や赤飯に用いられることもあります。

今回はそんな金時豆のカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

金時豆のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは金時豆のカロリーから見ていきましょう。

  • 金時豆(乾燥)のカロリー:333kcal/100gあたり
  • 金時豆(茹で)のカロリー:143kcal/100gあたり

金時豆はインゲン豆の一種ですので、今回はインゲン豆のカロリー量を参考にしています。乾燥した状態だと100gあたり333kcalと、肉類に負けず劣らずのカロリー量を持ちますが、茹でた後は水分量が増えるため143kcal程度まで減少します。

これは、大豆の水煮と同じくらいのカロリー量です。野菜類と比較してしまうと高めのカロリー量なものの、野菜にはあまり含まれないタンパク質を含みますし、適度な量を取り入れるのもいいでしょう。

ただ、金時豆の甘煮は砂糖を多めに用いることからカロリーが高めになります。カロリー制限中の方は出来るだけカロリーのカットされた甘味料などで味付けするようにしてください。

金時豆の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に金時豆の糖質を見ていきましょう。

  • 金時豆(乾燥)の糖質:38.5g/100gあたり
  • 金時豆(茹で)の糖質:11.5g/100gあたり

糖質も茹でた後なら100gあたり11.5gと、そこまでは高くありません。ただ、金時豆は甘煮や甘納豆、赤飯という用途がよくありませんね。甘煮や甘納豆については砂糖を多めに使いますから、ほぼ確実に糖質が高めになります。

一例として、甘煮には乾燥した金時豆と同じ量の砂糖を使うことがあります。調理後は金時豆が水分を吸って3倍程度に膨らむとはいえ、100gあたり25g以上の糖質は含まれていそうです。

また、赤飯は1杯で55gの糖質を持つご飯が加わります。そのため、甘煮よりも厄介かもしれません。金時豆自体の糖質は高くないものの、金時豆を使った料理は糖質が高いことを覚えておきましょう。

金時豆の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に金時豆の脂質を見ていきましょう。

  • 金時豆(乾燥)の脂質:2.2g/100gあたり
  • 金時豆(茹で)の脂質:1.0g/100gあたり

脂質的にみると金時豆は優秀な食品かもしれません。上記のように乾燥した状態から低脂質ですし、甘煮や赤飯にしても脂質はほとんど増えません。オリーブオイル漬けなどにしない限りは、脂質が極端に高くなることもないでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.