1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ひらめのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ひらめのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ひらめ

ひらめは魚類の中でもやや奇妙な見ためをしており、両の目が左半身についています。これが「左ひらめ」と言われる所以です。シャケやマグロに比べると需要は低いものの、煮込みやソテーなど様々な料理に活用されますね。

今回はそんなひらめのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ひらめのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはひらめのカロリーから見ていきましょう。

  • ひらめのカロリー:124kcal/100gあたり

ひらめは1尾だと可食部が300g近くあるものの、一般的な料理に使われる1切れなら100g前後でしょう。100gあたり124kcalは魚類としては平均的なカロリー量で、有名なものだとマグロの100gあたり125kcalに近いです。

カロリーの目安としては、成人男性の1食分が600~700kcalであり、カルパッチョや汁物などであれば余裕をもって食べられるでしょう。ただ、ムニエルやソテーなど、油やバターなど高カロリーな食材を用いる料理だと少し危ないかもしれません。

ちなみに、よく比較対象になるカレイは100gあたり95kcalと、ひらめより30kcal程度低い数字です。

ひらめの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にひらめの糖質を見ていきましょう。

  • ひらめの糖質:0g/100gあたり

食品成分表で見る限り、ひらめは糖質を含みません。100gあたりの糖質表記は0gですから、糖質制限中でも安心して口にできるでしょう。

ムニエルだと小麦粉を少し使うため、そのまま糖質0gとはいきませんが、パンのように30gも40gも使うわけではありませんし、ご飯など高糖質な食品をセットにしなければ問題ないでしょう。

ただ、おすすめとしては糖質を含む材料をあまり利用しないソテーや汁物など。これなら1人前で糖質5g以下も十分に狙えます。ちなみに、甘い煮付けは砂糖の使用量次第で高糖質になります。

ひらめの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にひらめの脂質を見ていきましょう。

  • ひらめの脂質:3.7g/100gあたり

魚類の中には100gあたり10gや20gの脂質を持つ種類もいますから、ひらめは低めな方と言えるでしょう。ただ、脂質も調理法によっては高くなることを覚えておきましょう。

たとえば、ソテーの場合は油やバターなどを使用します。油は重さと同じだけ、バターも100gあたり81gの脂質を持つため、少しの使用が脂質の大幅上昇につながります。

他の魚類にも言えることですが、カロリーや脂質を抑えたい場合は出来るだけ塩焼きなどシンプルな料理でいただきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.