1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ししゃものカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ししゃものカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ししゃも

ししゃもは1尾が30g程度しかない小さな魚で、焼き物やフライなどの調理法が用いられます。特に産卵シーズンに漁獲される子持ちししゃもは独特の食感が美味であり、よく酒の肴として食べられます。

今回はそんなししゃものカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ししゃものカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

ししゃもと言えば本来は北海道の太平洋沿岸で漁獲される魚を指すのですが、漁獲量がそう多くないことから、現在出回っているししゃもの多くは本来のものではなく、カラフトししゃもと呼ばれる輸入品です。おそらく、スーパーなどで普段から購入している子持ちししゃもはカラフトししゃもの方です。

そんなカラフトししゃもと本来のししゃもでは、下記のようにカロリー量が少しだけ変わります。

種類カロリー(100gあたり)
ししゃも166kcal
カラフトししゃも177kcal

100gあたりでたった11kcalの差ですから、誤差の範囲レベルではありますが、ししゃもの数値を参考にしていると計算と摂取カロリーが合わないことが多いのは覚えておきましょう。

ししゃもはどちらも1尾が30gと小さめで、1尾だと50kcal前後しかありません。そのため、食べ過ぎなければ大丈夫という意見も少なくないです。しかし、ししゃもは1尾が小さいだけに、ついつい食べ過ぎてしまうのも事実。摂取カロリーが高くなりすぎないよう、食べる分以上は調理しないことをおすすめします。

また、カロリー制限中なら塩焼きがいいでしょう。ししゃもは唐揚げやフライも美味しい食品ですが、これらは油を使うことから1尾で100kcal近くなることもあります。

ししゃもの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にししゃもの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
ししゃも0.2g
カラフトししゃも0.5g

糖質もカラフトししゃもの方が高いわけですが、それでも100gあたり0.5gですから気にする必要はありません。1尾あたりなら0.2g程度ですからね。まず、糖質制限ダイエットの邪魔をすることは無いでしょう。

しかも、ししゃもは塩焼きや揚げ物など糖質があまり増加しない調理法でいただくことが多いです。ただ、レシピの中にはししゃもの煮物もあり、これだと砂糖やみりんなど糖質の高い調味料を多めに用いるため糖質が高くなりがちです。

もちろん、100gあたり20gや30gなど極端な数字になることは少ないと思われますが、警戒はしておきましょう。砂糖を多めに使うのなら、あらかじめ糖質カットの甘味料を用意するなどの対策をしておきましょう。

ししゃもの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にししゃもの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
ししゃも8.1g
カラフトししゃも11.6g

ししゃもは意外と脂質が高いため、食べ過ぎは危険です。1尾が30gだとして、カラフトししゃもなら5尾ほど食べるだけで脂質摂取量が17.4g程度になってしまいます。これは、成人女性が1食に摂取する脂質を超える量です。

そのため、ししゃもは3尾か4尾程度で我慢する必要があります。なお、揚げ物にした場合は3尾程度でも脂質20g前後になってしまうかもしれません。

ししゃもとマヨネーズの組み合わせは基本的にNG

ポイントを教える女性

ししゃもと言えばレモン汁をかけていただくのが定番ですが、それとは別にマヨネーズをかける方も少なくありません。しかし、マヨネーズは油と卵を混ぜたような調味料ですから非常にカロリーが高く、大さじ1杯(12g)でも84kcalほど含まれます。

また、脂質も9gほど含まれますので、糖質制限以外でダイエットを行っている方は避けるべきでしょう。ただ、あまりにも我慢してしまうと、ストレスからリバウンドを引き起こす可能性が出てきます。

ですので、どうしてもマヨネーズを使いたい方はカロリーや脂質のカットされた商品を用意しましょう。もちろん、それでもカロリーや脂質は含まれるはずですので、たっぷりは使わないようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.