1. ダイエットレスキュー
  2. 食品カレイのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

カレイのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

カレイ

カレイはヒラメと同じく平たいボディを特徴とする魚類の一種です。実は非常に種類の多い魚で世界単位になると100種類ほど存在するのですが、日本でみられるのは、その中の数十種類程度です。有名なものとしては、マガレイやマコガレイでしょうか。

今回はそんなカレイのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

カレイのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

冒頭で話したように、カレイには数多くの種類が存在します。今回はその中でも有名なマガレイやマコガレイのカロリーを見ていきましょう。

  • マガレイのカロリー:95kcal/100gあたり
  • マコガレイのカロリー:99kcal/100gあたり

マガレイもマコガレイもカロリー量はそう変わりません。しかも、両方とも低カロリーというのだから嬉しいところです。カロリーの基準は人によって違いますが、魚類で100gあたり100kcal以下なら多くの方は低カロリーと納得するでしょう。

カレイは1尾分の可食部が多く250gほどありますが、それでも250kcal前後です。ここに1杯270kcalのご飯と、1杯50kcalのみそ汁をセットにしても600kcalで収まりますし、カレイはなかなかにダイエット向けの食品と言えるかもしれません。

ただし、上記の数字は調理に用いる調味料を考慮していません。煮付けや揚げ物にした結果、カロリーが2倍程度に膨れ上がることも考えられますので、カロリー制限中の方はシンプルな焼き物などで食べるようにしてください。

ちなみに、子持ちカレイだと100gあたり150kcal程度まで上昇しますので、こちらも併せて気を付けてください。

カレイの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にカレイの糖質を見ていきましょう。

  • マガレイの糖質:0.1g/100gあたり
  • マコガレイの糖質:0.0g/100gあたり

どちらも糖質をほぼ含まない魚類と言って平気そうですね。カレイも他の魚類と同じく糖質制限にぴったりの食品です。

糖質を制限するために野菜類を大量に摂取する方も多いようですが、カレイをはじめとした魚類は上記のように糖質をほとんど含みませんし、野菜類よりも食べ応えがあります。そのため、糖質制限中の方はカレイなどの魚類に頼るのもいいでしょう。

それに、腹持ちも決して悪くありません。刺身や塩焼きなら調味料による糖質の上昇も少ないでしょう。逆に、煮付けなどは糖質の上昇が顕著かもしれません。砂糖やみりんを多めに使う際は糖質が高めになることを覚悟してください。

カレイの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にカレイの脂質を見ていきましょう。

  • マガレイの脂質:1.3g/100gあたり
  • マコガレイの脂質:1.8g/100gあたり

カレイは脂質も低いことが上記から分かります。つまり、カレイはカロリー、糖質、脂質の全てが低めのダイエット向け魚類と言えるわけです。しかし、子持ちカレイの場合は100gあたり6.2gの脂質を持ちますから、食べすぎには気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.