1. ダイエットレスキュー
  2. 食品カジキのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

カジキのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

カジキ

カジキは刺身やステーキなどで食べられる魚類です。一般的にはカジキマグロの名前で有名ですが、カジキとマグロは分類上、別の生き物であり、この名前はマグロとの類似点が多いことからつけられた通称のようなものです。

今回はそんなカジキのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

カジキのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

カジキにはメカジキ、マカジキ、クロカジキ、シロカジキ、バショウカジキ、フウライカジキの6種類が存在しており、食品成分表には下記の3種類が掲載されています。

カジキの種類カロリー(100gあたり)
クロカジキ99kcal
マカジキ115kcal
メカジキ141kcal

このうち、特に多く利用されるのはマカジキとメカジキです。つまり、カジキを摂取する際は100gあたり115~141kcalは見ておくべきでしょう。

141kcalだとしても魚類の中では平均的な数値ですから、一般的な摂取量なら大丈夫だとは思われます。しかし、ステーキやソテー、フライなどにするとカロリーが高くなることは忘れないでください。特に油を使うフライはダイエット的に危険です。

カジキの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にカジキの糖質を見ていきましょう。

カジキの種類糖質(100gあたり)
クロカジキ0.1g
マカジキ0.1g
メカジキ0.1g

上記の表からカジキは種類を問わず、糖質がほとんど含まれないと分かります。100gで0.1g程度なら摂取したうちに入らないくらいですから、糖質制限中でも安心して口にできるでしょう。

カジキは1切れのサイズが大きめで200g前後ある場合も少なくないものの、それでも全く問題ありません。問題があるとすれば、砂糖などを用いて作る照焼きでしょうか。照焼きにする場合は、糖質カットの甘味料を用意しておくことで糖質の上昇を抑えることができます。

カジキの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にカジキの脂質を見ていきましょう。

カジキの種類脂質(100gあたり)
クロカジキ0.2g
マカジキ1.8g
メカジキ6.7g

最も低脂質なのはクロカジキですが、よく食用にされるマカジキも十分に低脂質な部類です。脂質は1食分が16~20gですので、200g食べても脂質が3.6g程度にしかならないマカジキなら特に問題ないでしょう。

対して、メカジキの方はやや脂質が高めで、1切れが200gだと脂質は13.4gになってしまいます。ここに、ソテーやステーキにする際に用いられる油やバターの脂質が加わると、1切れ分で脂質20gを超える可能性が高いでしょう。そのため、メカジキを摂取する際は調理方法や量に気を付けておくべきです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.