1. ダイエットレスキュー
  2. 食品コーンポタージュのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

コーンポタージュのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

コーンポタージュ

寒い冬になると体の中から暖かくなりたくて、自動販売機のコーンポタージュを買ってしまうことありますよね。でもダイエット中ですと、コーンポタージュを飲んでいいのか分からずに困っている人もいるかと思います。

そんなコーンポタージュのカロリーや糖質について確認し、ダイエットに向いているのかどうかチェックしていきましょう。

コーンポタージュのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまずコーンポタージュのカロリーについて見ていきましょう。穀物であるとうもろこしが原料ですが、カロリーはどれくらい含まれているのでしょう。

種類カロリー(100gあたり)
コーンポタージュ79kcal
おしるこ86kcal
缶コーヒー35kcal

同じく自動販売機で売られている暖かいドリンクと並べてみました。コーンポタージュ100gのカロリーは79kcalあります。思ったよりも少ないですよね。肉まんやあんまんよりはよっぽどダイエットに向いています。

自動販売機で売られているコーンポタージュの場合は、カロリーがこの半分くらいの商品もあります。商品ごとにカロリーにバラツキがありますが、他のドリンクと比べてもカロリーはそれほど高くありません。ダイエット中でも、あまり気にせずに飲んでください。

コーンポタージュの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次に糖質について見ていきましょう。とうもろこしは糖質が高い食材ですが、コーンポタージュにしても糖質が高いままなのでしょうか。

種類糖質(100gあたり)
コーンポタージュ8.9g
おしるこ19.0g
缶コーヒー6.9g

3つの商品の中では、砂糖を使っているおしるこが最も高糖質ですが、コーンポタージュもそれなりに糖質が高めです。1杯分を185gとすると、約16.5gも糖質を摂取することになります。これは食事にしても間食にしてもかなり高い値です。

糖質制限ではごはんやパンがNGなのと同じように、とうもろこしもNG食材です。ですので、糖質制限ダイエットをしている人は、コーンポタージュは飲まないようにしてください。

コーンポタージュの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエットをしている人は、カロリーや糖質だけではなく脂質も気になりますよね。コーンポタージュの脂質も見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
コーンポタージュ3.5g
おしるこ0.0g
缶コーヒー0.5g

コーンポタージュ100gの脂質は3.5gで、1杯分で考えると約6.5gの脂質を摂ることになります。女性が1食で摂取する脂質の目安は16.2gですので、そう考えると自動販売機のコーンポタージュなどは避けたいところです。

食事として考えるなら、他の料理とのバランスによっては飲んでも問題ありません。むしろ脂質の場合は、摂取量が少なすぎるのも問題です。他の料理の脂質が少なすぎるときは、インスタントでもいいので、コーンポタージュを飲むようにしましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.