1. ダイエットレスキュー
  2. 食品うずらの卵のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

うずらの卵のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

うずらの卵

うずらの卵は鳥綱キジ目キジ科ウズラ属に分類されるウズラが生む卵のこと。ウズラは全長20センチとやや小さめの鳥で、その卵も非常に小柄なもの。そのため、一般的な鶏の卵とは用途が違い、よく中華丼やお弁当のおかずに利用されます。今回はそんな、うずらの卵のカロリーや糖質を紹介しましょう。

うずらの卵のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは、うずらの卵のカロリーを見ていきましょう。

  • うずらの卵のカロリー:179kcal/100gあたり

個体差があると思いますが、うずらの卵1個の重量が13g前後ですね。つまり、1個あたりのカロリーは23kcal前後です。100gあたりになるとややカロリーが高いものの、1個1個のサイズが小さいことからダイエット中でも口にしやすい部類の食品と言えるでしょう。

ただ、味付けなどによってはカロリーが高くなることもありますし、うずらの卵が使われる中華丼などは食材次第でけっこうなカロリー量を持ちます。中華丼など味の濃い料理よりも、サラダなどヘルシーな料理に使うのがおすすめです。

うずらの卵の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に、うずらの卵の糖質も見ていきましょう。

  • うずらの卵の糖質:0.3g/100gあたり

1個あたりの重量が13gだとすると、1個あたりの糖質は0.04gほど。100gあたりの時点で非常に低糖質と分かるわけですが、1個あたりにするとさらに低糖質なことが際立ちます。スタンダード糖質制限は1食あたりの糖質摂取量を40gに抑える必要がありますが、うずらの卵には関係のない話。丼にうずらの卵だけを敷き詰めた料理を食べたとしても、糖質オーバーはなさそうです。

ただ、中華丼などは味付けの問題や白米を含むことから糖質が高くなりがち。うずらの卵の糖質が低くとも、一緒に使われる食材の糖質が高くては糖質オーバーの恐れが出てきます。カロリー同様、サラダなどヘルシーな料理を心がけるようにしてください。

うずらの卵の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に、うずらの卵の脂質も確認しましょう。

  • うずらの卵の脂質:13.1/100gあたり

これを1個あたりに換算すると1.7g前後となります。脂質な摂取目安が1食あたり16~20g前後なことを考えると、あまり油断できない数字ですね。1個か2個程度の摂取であれば問題ないと思いますが、4個5個と量が増えてくると脂質過剰摂取の恐れが出てきます。ちなみに、一般的な卵も100gあたり脂質10.3gと低くない数字ですので、脂質が気になる方は合わせて注意しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.