1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ホタテのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ホタテのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ホタテ

ホタテはアミノ酸やグルタミン酸などのうま味成分を多く含有する貝類で、寿司やバター焼き、煮込み料理などに活用されます。また、ホタテと言えば貝柱も有名でしょう。これを乾燥させたものが酒の肴として販売されています。

今回はそんなホタテのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ホタテのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはホタテのカロリーから見ていきましょう。

ホタテの種類カロリー(100gあたり)
ホタテガイ72kcal
ホタテ貝柱97kcal
ホタテ貝柱(干し)322kcal

ホタテガイが寿司などで食す普通の部分だと考えてください。つまり、ホタテのカロリーと言えば100gあたり72kcalということになります。これは、魚介類の中でも特に低カロリーな方と言えるでしょう。

ホタテは1個まるまるだと200g以上あるものの、半分程度は殻の廃棄部分ですから可食部は100g前後です。つまり、ホタテをまるまる1個食べても72kcal程度の摂取で済みます。カロリー摂取目安は成人男性なら1食あたり600~700kcalですし、2個か3個くらいの摂取なら余裕そうです。

ただし、バター焼きや天ぷらにするとバターや油のせいでカロリーが高めになります。特に天ぷらだと2倍程度までカロリーが増えますから、ホタテをたくさん食べたい方は避けておきましょう。

ちなみに、貝柱についてもカロリーは低い方ですので、安心して摂取できます。そもそも、貝柱を1食で200gも300gも摂取することはそうないでしょう。ただ、乾燥させた干し貝柱はカロリーが高めです。加えてアルコール類も高カロリーなものが多いですから、飲みすぎ、食べすぎには注意してください。

ホタテの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にホタテの糖質を見ていきましょう。

ホタテの種類糖質(100gあたり)
ホタテガイ1.5g
ホタテ貝柱4.9g
ホタテ貝柱(干し)7.6g

上記の表からホタテは本体よりも貝柱の方が高糖質だと分かります。とはいえ、低糖質と呼ばれるライン(糖質5g以下)に収まっていますから、糖質制限中でも気兼ねなく食べられるでしょう。

ホタテ本体なら1kg食べても糖質は15gほど。スタンダード糖質制限の1食分目安(40g)までに2.6k程度は食べられます。ですが、実際は栄養バランスのことも考えて野菜類などと一緒に摂取するのがおすすめです。

レシピ本やレシピサイトを見ればホタテガイや貝柱を使ったスープなどが見つかるでしょう。スープなら様々な具材を入れられると思われます。

ホタテの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にホタテの脂質を見ていきましょう。

ホタテの種類脂質(100gあたり)
ホタテガイ0.9g
ホタテ貝柱0.1g
ホタテ貝柱(干し)1.4g

脂質はホタテガイの方が高く、貝柱の9倍ほどの数字を持ちますが、どちらも1g以下ですので問題ないでしょう。1回に10個食べたとしても、脂質摂取目安に収まりそうです。

とはいえ、ホタテはバター焼きや天ぷらなどのレシピも人気があるため油断はできません。バターや油など高脂質な調味料を使う料理は危険だと覚えておいてください。

干し貝柱になると脂質1gを超えるものの、それでも十分に低脂質ですし、1回に食べる量が少なめな食品ですから、こちらも気にするほどではないでしょう。

ホタテをサラダで食べよう

ポイントを教える女性

ホタテと言えばバター焼きや天ぷら、寿司などのイメージが強く、サラダにして食べることは少ないと思われがちですが、実際はそうでもありません。

レシピ本やレシピサイトを見てみるとホタテガイや貝柱を使ったサラダのレシピが数多く存在します。ホタテは大根やキュウリ、トマトなどの野菜類と相性がいいですからね。しかも、ヘルシーでいて野菜類からたくさんの栄養を摂取できます。

そのため、ダイエット中の方はぜひホタテをサラダに活用してみてください。ただし、マヨネーズやドレッシングのかけすぎはNGです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.