1. ダイエットレスキュー
  2. 食品調整豆乳のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

調整豆乳のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

調整豆乳

調整豆乳とは大豆のみでなく、砂糖や糖類、植物油などを添加した豆乳のこと。簡単に言えば、人によって飲みにくいとされる豆乳に甘みなどを付けて飲みやすくしたものです。そのため、無調整豆乳はダメでも調整豆乳なら飲めるという方は少なくありません。今回はそんな調整豆乳のカロリーや糖質を見ていきましょう。

調整豆乳のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは調整豆乳のカロリーから確認していきます。

  • 調整豆乳のカロリー:64kcal/100gあたり
  • 無調整豆乳のカロリー:46kcal/100gあたり

冒頭でも話したように、調整豆乳は砂糖などが加えられているため無調整豆乳よりもカロリーが高めになちがちです。牛乳よりは少しだけ低カロリーなものの、過剰な摂取は避けた方がいいでしょう。

おそらく、コンビニなどで売られている紙パックが1本あたり200gくらいです。つまり、1本飲むと128kcalほど。1日にこの程度のカロリー摂取であれば、ダイエット中でも問題ないと思われます。

ちなみに、調整豆乳は様々な種類があるため、必ずしも上記の数字とは限りません。ものによっては無調整豆乳より低カロリーなこともありますので、調整豆乳を使ってダイエットを進めていこうと考えている方は探してみるのもいいでしょう。

調整豆乳の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に調整豆乳の糖質も確認しましょう。

  • 調整豆乳の糖質:4.5g/100gあたり
  • 無調整豆乳の糖質:2.9g/100gあたり

糖質についても調整豆乳の方が数字が高め。これは、砂糖などが加えられているので仕方ありませんね。とはいえ、それでも100gあたり5g以下の糖質量ですので、糖質制限中であっても飲んで大丈夫だと思われます。

後は摂取量をどの程度にするかですね。紙パック2本も3本も飲んでしまうと摂取糖質量が心配になります。出来れば、1日紙パック1本くらいがいいでしょう。この程度であれば糖質10g以内に収められそうですし、大豆の栄養摂取による健康効果も期待できそうです。

調整豆乳の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に調整豆乳の脂質も確認していきます。

  • 調整豆乳の脂質:3.6g/100gあたり
  • 無調整豆乳の脂質:2g/100gあたり

植物油などが加えられているためか、脂質も無調整豆乳より高めです。紙パック1本が200gだとすると、脂質量は7.2gほど。1日あたりの脂質摂取目安が16~20gですので、1本くらいであれば大丈夫だと思われますが、それ以上はあまりおすすめしません。普通は調整豆乳の脂質に加えて食事の脂質も摂取するわけですからね。合計脂質が目安を超えないよう、上手く調整してください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.