1. ダイエットレスキュー
  2. 食品オイルサーディンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

オイルサーディンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

オイルサーディン

オイルは油、サーディンはイワシ類などの小魚を指す英語ですから、オイルサーディンはイワシのオイル漬けと考えて構いません。一般的には缶詰で販売されており、これを料理に使ったり、パンと組み合わせてそのまま食べたりします。

今回はそんなオイルサーディンのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

オイルサーディンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはオイルサーディンのカロリーから見ていきましょう。

  • オイルサーディンのカロリー:229kcal/100gあたり

マイワシやカタクチイワシなどのイワシ類が決して低カロリーではない上、オリーブオイルなどの油を使用しますから、オイルサーディンのカロリーはやや高めになります。

もちろん、牛肉や豚肉と油を組み合わせたカツ料理に比べれば低カロリーですが、食べ過ぎは大変危険でしょう。幸いにも、オイルサーディンは小魚を使用するため1尾のサイズはそう大きくありません。

おそらく、1尾分なら20g前後の約46kcalほどですから、カロリー制限の目安を超えない程度の摂取量に調整してください。ちなみに、オイルサーディンの缶詰に入っている汁は使わない方がいいかもしれません。もったいないようですが、あれは油などで出来ておりカロリーが高いと予想されます。

オイルサーディンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にオイルサーディンの糖質を見ていきましょう。

  • オイルサーディンの糖質:1.2g/100gあたり

ニンニク等による味付けが入るため、イワシ類の糖質量よりはやや高めになりますが、それでも100gあたり1.2gしか糖質を含みませんので、糖質制限的には優秀な料理と言えるでしょう。

しかも、オイルサーディンの場合は既に味がついているのですから、砂糖やみりん等の調味料を加えることもありません。つまり、糖質量が増えることは滅多にないわけです。

ただ、パンと組み合わせて食べるのはやめてください。フランスパンなどは100gあたり50g前後の糖質を持った、いわば糖質の塊的な存在です。

オイルサーディンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にオイルサーディンの脂質を見ていきましょう。

  • オイルサーディンの脂質:16.1g/100gあたり

名前にオイルとつく時点で何となく予想はついたでしょう。その予想通り、オイルサーディンは非常に脂質の高い食品となっています。100g分を食べるだけで女性なら1食分の脂質を摂取する羽目になります。

100g分と言えば5尾くらいなわけで。先ほど言ったように1尾のサイズが小さいため、あっという間に平らげてしまうでしょう。しかし、他のおかずも脂質を含んでいるわけですから、2尾か3尾くらいの摂取に留めておくのが現実的です。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.