1. ダイエットレスキュー
  2. 食品さわらのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

さわらのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

さわら

さわらは成長と共に名前が変わる出世魚であり、40~50センチでサゴシ、50~60センチでナギ、60センチ以上でさわらとなります。特徴は秋刀魚のように細長い体型で、食用としては焼き魚や西京焼き、唐揚げなどに利用されます。

今回はそんなさわらのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

さわらのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはさわらのカロリーから見ていきましょう。

  • さわらのカロリー:177kcal/100gあたり
  • 沖さわらのカロリー:120kcal/100gあたり

沖さわらはさわらによく似た魚ですが、カマスサワラの近縁種であり、さわらとは別物です。しかし、スーパーなどで安く購入できるさわらは沖さわら、というケースもあるため今回は沖さわらのカロリーも記載してあります。

さて、本物のさわらは100gあたり177kcalで、魚類の中ではやや高めの数字です。肉類に比べればダイエット中でも食べやすいとは思いますが、煮付けや西京焼き、唐揚げなどにするとカロリーが上昇しますし、魚類だからと油断はしない方がいいでしょう。

ちなみに、沖さわらも基本的にさわらと同じ調理法で食べられます。そのため、カロリーを抑えたい方はあえて沖さわらを選択するのもいいでしょう。

さわらの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にさわらの糖質を見ていきましょう。

  • さわらの糖質:0.1g/100gあたり
  • 沖さわらの糖質:0.1g/100gあたり

糖質についてはさわらも沖さわらも変わりませんから、好きな方をいただきましょう。魚類らしくほとんど糖質を含まないため、さわらのせいで糖質制限が失敗することは滅多にないと思われます。

可能性があるとすれば、煮付けや照焼きなど砂糖やみりんを多めに使うメニューにした時でしょうか。それでも糖質10g前後には収まると予想されますが、一応は警戒しておきましょう。また、唐揚げなども衣の分、少しだけ糖質が高くなります。

さわらの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にさわらの脂質を見ていきましょう。

  • さわらの脂質:9.7g/100gあたり
  • 沖さわらの脂質:3.0g/100gあたり

本来のさわらは100gあたりの脂質が9.7gと高めです。1切れが100g前後ですので、塩焼きのさわらに白米、味噌汁などの組み合わせなら、成人女性の1食分である脂質16gを超えないとは思いますが、さわらが唐揚げであったり、味噌汁が豚汁になれば脂質オーバーの可能性が出てきます。

そのため、脂質を制限している方は塩焼きなどシンプルな料理にし、他のおかずの脂質も低めに抑えておきましょう。それか、沖さわらを使うかです。沖さわらなら脂質量はさわらの1/3以下ですから、安心して食べられます。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.