1. ダイエットレスキュー
  2. 食品甘エビのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

甘エビのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

甘エビ

甘エビはホッコクアカエビという別名を持ったエビの一種です。クルマエビなどに比べて身が柔らかく、生で食べるとアミノ酸の甘みが感じられることから、寿司ネタとして利用されることが多いです。

今回はそんな甘エビのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

甘エビのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは甘エビのカロリーから見ていきましょう。

  • 甘エビのカロリー:87kcal/100gあたり

他のエビのカロリーを見てみると、おおむね80~100kcalくらいですので、甘エビも極々一般的なエビのカロリー量と言えるでしょう。そして、エビはカロリーが低めでヘルシーな食品と言われることが多いです。

それでいて、ビタミンEやB12などの栄養が豊富なことから、甘エビはダイエット向けの食品と言えるでしょう。1尾の可食部が15g程度と少なく、カロリー摂取量を調整しやすいのもポイントです。

ただ、寿司の場合はシャリのカロリーが加わるため、1貫あたり50kcal前後はあると考えた方がいいです。また、唐揚げや天ぷらにするとカロリーが2倍や3倍に増えることも覚えておきましょう。

甘エビの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に甘エビの糖質を見ていきましょう。

  • 甘エビの糖質:0.1g/100gあたり

その名前と実際に食べたときに甘みを感じることから、甘エビの糖質が高めと予想した方もいるかもしれませんが、あの甘みはグリシンなどアミノ酸に由来するものですから糖質が高いということはありません。むしろ、100gあたり0.1gと限りなく0に近い数字ですので、糖質制限中でも気兼ねなく口にすることができます。

ただし、寿司で食べる場合はシャリの糖質がプラスされるため1貫で7g前後の糖質は覚悟してください。対して、スタンダード糖質制限の1食分が糖質40gまでですから、甘エビを寿司で食べるのは糖質制限的におすすめできません。

出来れば刺身など糖質摂取量が増えない食べ方でいただきましょう。とはいえ、甘エビだけでは寂しいので、大根やニンジンなどのツマを一緒に食べるのがおすすめです。

甘エビの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に甘エビの脂質を見ていきましょう。

  • 甘エビの脂質:0.3g/100gあたり

脂質摂取目安が1食あたり16~20g前後ですので、甘エビは脂質の低い食品だと自信を持って言えます。しかも、醤油が脂質を含まないことから刺身なら上記の脂質のままいただけます。寿司の場合も、シャリはあまり脂質を含みませんから安心でしょう。

脂質が高くなりやすいのは天ぷらなどの揚げ物です。他のエビに比べて火を入れることの少ない種類ですが、揚げ物にする際は脂質が数倍に膨れ上がると考えてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.