1. ダイエットレスキュー
  2. 食品イカフライのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

イカフライのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

イカフライ

イカフライはイカの胴体やエンペラ、ゲソなどに衣をつけて揚げた料理のことです。イカリングと似ていますが、あちらは輪切りにした胴体のフライに限定しているのに対して、イカフライは他の部位に加えて、おつまみとして販売される加工品も含まれます。

今回はそんなイカフライのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

イカフライのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

イカフライには大きく2種類あります。1つは食べやすいサイズにカットしたイカに衣をつけて揚げたもの。もう1つは乾燥させたイカをでん粉と混ぜて揚げた、せんべいのようなものです。これらは、それぞれでカロリー量が違います。

  • イカフライのカロリー:216kcal/100gあたり
  • イカフライ(加工品)のカロリー:407kcal/100gあたり

今回はおつまみに使用されるイカフライの方を加工品としておきましょう。上記から分かるように、一般的なイカフライの時点でカロリーは高めですが、加工品になるとさらにカロリーが高くなります。これは、水分量が少なくなった分でしょう。

そのため、見た目に対して軽めではあるのですが、1枚のサイズが大きいと15g前後あることも珍しくありません。つまり、1枚で60kcal以上摂取することになりますから食べすぎには気を付けましょう。

もちろん、普通のイカフライも食べ過ぎに注意。こちらは水分量が60%ほどあるため、少し多く食べればすぐに300kcalや400kcalを超えてしまいます。

イカフライの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にイカフライの糖質を見ていきましょう。

  • イカフライの糖質:9.3g/100gあたり
  • イカフライ(加工品)の糖質:34.7g/100gあたり

原材料のイカは100gあたり0.2gしか糖質を含みませんが、イカフライになると小麦粉やパン粉から作られる衣がつくため、糖質がやや高めになります。スタンダード糖質制限の1食分が糖質40g以下ですから、食べ過ぎなければ大丈夫だとは思われますが、一応は注意しておきましょう。

加工品の方は水分量が少ないうえ、加工段階ででん粉などが混ざることから高糖質ですね。1枚が15gだとしても糖質は5g以上あります。酒と一緒に摂取するなら、食事の糖質を大きく削っておく必要がありそうです。

イカフライの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にイカフライの脂質を見ていきましょう。

  • イカフライの脂質:12.4g/100gあたり
  • イカフライ(加工品)の脂質:25.1g/100gあたり

どちらのイカフライも油をたっぷり使って揚げるため、脂質は高めになります。1食分の脂質摂取目安が16~20gですので、普通のイカフライなら多くても120g前後、加工品なら60g(約4枚)程度で我慢したいところです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.