1. ダイエットレスキュー
  2. 食品チョリソーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

チョリソーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

チョリソー

チョリソーは細かくした豚肉にニンニクやパプリカ、香辛料を加えてから腸詰し、最後に乾燥させたソーセージのことです。日本では単に辛く味付けしたウインナーなどもチョリソーという名前で販売されますが、あれは名前だけでチョリソーとは別物です。

今回は辛いウインナーではなく本来のチョリソーのカロリーや糖質、脂質を紹介しましょう。

チョリソーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはチョリソーのカロリーから見ていきましょう。

  • チョリソーのカロリー:455kcal/100gあたり

チョリソーは豚肉などの肉類を腸に詰めたものですし、干すことで水分量がやや少なめになっていますから、一般的なソーセージに比べてカロリーが高めです。成人男性の1食分が600~700kcalなことを考えると、100gの摂取は辛いでしょう。

また、チョリソーはパンと一緒に食べることも多いですが、パンも小麦粉を使うことからカロリーがやや高めです。組み合わせた際の合計カロリーが600kcalや700kcalを超えないように気を付けましょう。

ちなみに、辛みの強いウインナーも肉類の塊であることは変わりなく、100gあたり350kcal前後はあると考えるのが無難です。

チョリソーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にチョリソーの糖質を見ていきましょう。

  • チョリソーの糖質:1.9g/100gあたり

ニンニクやパプリカを使用するとはいえ、チョリソーはほぼ肉の塊ですからカロリーこそ高いものの糖質は低めです。豚肉や牛肉の100gあたり0.3g前後と比べれば高く感じますが、食品全体で見れば低糖質な方ですし、他のソーセージ類とも変わりません。

そのため、パンとのセットに注意しておけば100g、200gと食べてしまっても大丈夫でしょう。パンとセットにした場合は少しの摂取でもスタンダード糖質制限の1食分(糖質40g)を超えてしまう恐れがあります。

チョリソーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にチョリソーの脂質を見ていきましょう。

  • チョリソーの脂質:38g/100gあたり

肉類の塊は糖質が低く、カロリーや脂質が高いと相場が決まっています。チョリソーも他のソーセージ類と同じく非常に脂質の高い食品で、50gの摂取でもほとんど1食分の脂質を摂取することになりますから、食べるにしても薄くスライスしたものを1切れか2切れ程度にしておくか、他の食事の脂質量を抑えるようにしましょう。

フランスパンなどバターを使わないパンとの組み合わせなら脂質的には問題ありませんが、サンドイッチにする際はパンにバターやマーガリンを塗ることが多いためアウトです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.