1. ダイエットレスキュー
  2. 食品枝豆のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

枝豆のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

枝豆

夏の定番おつまみと言えば、何と言っても枝豆ですよね。ビアガーデンなどでビールを片手に枝豆を食べる。これが至福の時間という方も少なくないでしょう。そんな枝豆のカロリーや糖質量をみなさんはご存知でしょうか。食べられる機会が多いわりに、カロリー量などの知名度が薄いようなので、今回はそのあたりについて紹介します。

枝豆のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

ダイエット中に気になる枝豆のカロリー量を見てみましょう。

  • 枝豆のカロリー:135kcal/100gあたり

カロリーの摂取目安は成人男性で1食あたり600~700kcalです。つまり、枝豆100gのカロリーは摂取目安の5分の1前後となります。通常、枝豆はメインのおかずではなく、サブのおかずとして食べられることを考えると低くもなく、高くもないカロリー量でしょうか。

1袋の量が150g前後ですので、よほどの食べ過ぎでなければ枝豆が原因でカロリーオーバーを起こすこともないと思いますが、油断はできません。カロリー制限でダイエットを行うのなら、1食に摂取する量は多くても100g程度。できれば1袋の半分程度に抑えるのがおすすめです。

ちなみに、味付けによるカロリー増加の心配は基本的にいりません。他の豆類だと調理段階で醤油などを用いるため、最終的にカロリーが高くなることもあるのですが、枝豆の場合は塩で味付けすることがほとんどですからね。もしも、マヨネーズなど高カロリーな調味料をかけていただく方がいれば、ダイエットのために控えることを推奨します。

枝豆の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

糖質制限ダイエットをしている方は糖質も気になるでしょう。

  • 枝豆の糖質:3.8g/100gあたり

糖質の摂取目安はスタンダードな糖質制限で1食あたり40g以下です。つまり、枝豆100gの糖質は摂取目安量の10分の1以下。これなら多めに摂取しても糖質オーバーの心配はなさそうです。

しかも、先ほども言ったように枝豆の味付けは塩が基本。塩はカロリーや糖質をほぼ含まないため、ダイエット中でも安心して使用できます。ただ、塩分過多は体によくないと言われますので、ほどほどの量にしておきましょう。

ちなみに、枝豆と言えばずんだが有名ですが、あれは砂糖を加えるため糖質が高くなりがちです。加えて、餅の糖質が高いことから、ずんだ餅になると非常に糖質が高くなります。糖質制限でダイエットを進めるなら、ずんだ餅の摂取はやめておくのが無難です。

枝豆の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエッターの方なら脂質も気になるところですね。

  • 枝豆の脂質:6.2g/100gあたり

脂質の摂取目安は1食あたり16~20gです。つまり、枝豆100gの脂質は摂取目安の3分の1前後となります。決して高くはないものの、低くもない数字ですね。他のおかず次第では枝豆の摂取量を抑えることも必要かもしれません。

カロリーと同じく、多くても100g程度に抑えておくのがおすすめ。200gも300gも食べるなら、他のおかずは脂質をほぼ含まないもので構成する必要があります。

枝豆には栄養が豊富?

ポイントを教える女性

さて、ここまでで枝豆はカロリーと脂質がそこそこ、糖質が低い食品と分かりましたね。加えて、枝豆には様々な栄養が豊富に含まれることから、適量の摂取であればダイエットに良い効果をもたらすこともありそうです。

栄養素100gあたりの含有量
鉄分2.7mg
カリウム590mg
ビタミンB10.31mg
ビタミンB20.15mg
葉酸320μg

また、枝豆にはアルコールを分解する成分が含まれることから、お酒のおつまみにもぴったりとされています。ただ、ダイエット中の飲みすぎは厳禁ですよ。特にビールはカロリーも糖質も高めの飲料ですので、ちょっとの摂取がカロリー、糖質オーバーにつながります。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.