1. ダイエットレスキュー
  2. 食品甘食のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

甘食のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

甘食

甘食はクリームの無いケーキのような味わいを持った食品。頂点が爆発した山形の珍しい形をしており、主にコンビニやスーパーなどで2~5個程度セットになった商品を見かけます。なお、西日本に比べると東日本の方が認知度は高いようです。

今回はそんな甘食のカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

甘食のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは甘食のカロリーから見ていきましょう。

  • 甘食のカロリー:363kcal/100gあたり

一般的な食パンが100gあたり264kcal、バターロールが316kcalですので、パン類としてみるとやや高カロリーかもしれません。どちらかと言えば、ケーキ類に近いカロリー量です。

甘食は1袋に数個セットで販売されることが多く、1個あたりの重量は30~40gとパンにしては軽いため、1個なら109~145kcal程度ですみます。加えて、小麦粉から作られるため食べ応えがあり腹持ちも悪くありません。

そのため、食事として食べるなら1個か2個程度は許容範囲でしょう。しかし、食事とは別に、つまり間食として食べるなら小さめのものを1個程度にしておかないと危険です。

甘食の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に甘食の糖質を見ていきましょう。

  • 甘食の炭水化物:59.7g/100gあたり

甘食は炭水化物量しか記載が見当たらないため、今回は炭水化物を糖質として扱いましょう。本来は、ここから食物繊維量を除いた数字が糖質量です。

上記の数字に対して、一般的な食パンの糖質が100gあたり44.4g、バターロールが46.6gですので、甘食はカロリーのみならず糖質もパン類の中で高めだと分かります。

これは小麦粉やバター、卵だけでなく砂糖も多めに使われているからでしょう。特にコンビニなどで販売されている甘食は甘めの味付けをしている傾向にあります。

1個が小さめの30gでも糖質は17.9gほど。これはスタンダード糖質制限1食分の半分に近い数字です。やや大き目の甘食なら2個食べるだけで1食分の糖質量を軽々と超えてしまうでしょう。

甘食の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に甘食の脂質を見ていきましょう。

  • 甘食の脂質:11g/100gあたり

一般的な食パンの脂質が100gあたり4.4g、バターロールが9gですので、甘食は脂質もパン類の中で高めです。これは、マーガリンや卵などが使用されているためでしょう。おやつに食べるなら1個くらいにしておかないと、食事との合計脂質が1食分である16~20gを簡単に上回ってしまいます。

今回の内容をまとめると、甘食はカロリー、糖質、脂質共に普通のパンより高めということです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.