1. ダイエットレスキュー
  2. 食品芋けんぴのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

芋けんぴのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

芋けんぴ

芋けんぴは細切りにしたサツマイモを油で揚げ、最後に砂糖をかけて完成させるお菓子のひとつです。原材料は全く違うものの、油で揚げるところや、細長い形状の類似から芋かりんとうと呼ばれることもあります。

今回はそんな芋けんぴのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

芋けんぴのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

芋けんぴのカロリーは以下のような数字です。

  • 芋けんぴのカロリー:476kcal/100gあたり

これはお菓子類の中でも特に高カロリーな部類です。100gと少し食べてしまえば、それだけで1食分のカロリーを摂取することになるでしょう。カロリーが高い理由としては、芋けんぴが以下のように高カロリーな食材で構成されるためです。

芋けんぴの材料カロリー(100gあたり)
サツマイモ132kcal
サラダ油921kcal
砂糖384kcal

もちろん、実際にそれぞれを100gも使うわけではありませんが、油はたった10gでも92kcalほどある高カロリーな食品なわけで、これを使う料理が高カロリーというのは当然でしょう。

ただ、いくつかのレシピを見てみると、サツマイモ1本に対して使う油の量はそこまで多くありません。そのため、自作の芋けんぴの場合はもう少しカロリーが下がることも考えられます。

コンビニなどで見かける市販品については実際に100gあたり476kcal前後ある商品が多そうです。1袋が100g入りの場合、半分の摂取でも200kcalオーバー。1/4の摂取でも100kcalオーバーですから、くれぐれも食べ過ぎないよう気を付けましょう。

芋けんぴの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に芋けんぴの糖質を見ていきましょう。

  • 芋けんぴの糖質:68.7g/100gあたり

カロリーに続いて糖質も高いですね。100gあたりの数字だとスタンダード糖質制限の2食分に近いです。糖質が高い理由についても、材料の糖質量を見てもらうのが早いでしょう。

芋けんぴの材料糖質(100gあたり)
サツマイモ29.2g
サラダ油0.0g
砂糖99.2g

上記の表から分かるように、サツマイモは糖質の高い食品です。野菜類は糖質が低めと言われますが、サツマイモの場合は全体的に糖質の高い芋類に分類されます。

加えて、砂糖が重さとほぼ同じだけの糖質を含むうえ、調理段階で水分が失われるため、上記のように高糖質になってしまうのでしょう。

糖質制限中のおやつに対する意見はいくつか存在しますが、基本的に5g前後の糖質量で済ませるのが理想だと考えてください。つまり、芋けんぴだと10gも食べられません。要は、芋けんぴは糖質制限にあまり向かないお菓子ということです。

芋けんぴの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に芋けんぴの脂質を見ていきましょう。

  • 芋けんぴの脂質:20.5g/100gあたり

芋けんぴはカロリー、糖質に続いて脂質も高い食品だと分かります。脂質が高い理由については既に分かっている方も多いと思いますが、一応、食材別の数字を確認しておきましょう。

芋けんぴの材料脂質(100gあたり)
サツマイモ0.2g
サラダ油100.0g
砂糖0.0g

そう、芋けんぴの脂質が高い理由は油が重さと同じだけの脂質を持ち、揚げる段階でそれをたっぷり吸い込むからです。脂質20.5gといえば、成人男性が1食に摂取する分とちょうど同じくらいです。

芋けんぴは水分量が少ないため、1回に100gも摂取することは少ないと思われますが、50gでも脂質は10g以上ありますから、食べ過ぎは危険でしょう。

揚げない芋けんぴもある

ポイントを教える女性

さて、今回の内容から芋けんぴのカロリーと脂質が高い理由は油にあると分かりました。そのため、カロリー・脂質制限でダイエットをしている方は、市販品を購入するのではなく、油を使わないレシピで芋けんぴを自作しましょう。

健康志向が高まっているためか、揚げない芋けんぴのレシピは少なくありません。基本的に揚げるかわりにオーブンで焼くという内容で、電子レンジなどがあれば簡単に作成できます。

油を使わない芋けんぴなら市販品よりは多めに食べられそうですし、チャレンジしてみてはいかがですか。ただし、糖質はほとんど下がりませんので気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.