1. ダイエットレスキュー
  2. 食品納豆のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

納豆のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

納豆

非常に独特な匂いや強いねばりを持つことから嫌厭されがちな納豆ですが、様々な栄養素を含む上、カロリーや糖質がそこまで高くないことからぜひダイエットに取り入れてほしい一品です。今回は納豆のカロリーや糖質を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

納豆のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは納豆のカロリーを見ていきましょう。

納豆の種類カロリー(100gあたり)
納豆200kcal
ひきわり納豆194kcal

ひきわり納豆は挽いて割った大豆を使用したもので、ご年配の方でも食べやすいのが特徴です。そんな、ひきわり納豆と普通の納豆は同じくらいのカロリー量ですね。納豆1パックがおおよそ50g前後ですので、1パックあたりだと100kcal前後になります。

カロリーの摂取目安が成人男性で1食あたり600~700kcalほど。つまり、納豆1パックだと6分の1から7分の1程度の摂取量です。この程度のカロリーなら十分に低いと言えるでしょう。納豆に白米、卵などの標準的な朝食や昼食であれば、カロリーオーバーの心配は少ないと思います。

ちなみに、納豆は100回ほど混ぜていただくと、より旨みが増すと言われています。納豆を食生活に取り入れる方はぜひ試してみてください。

納豆の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像
次に納豆の糖質も見ていきましょう。

納豆の種類糖質(100gあたり)
納豆5.4g
ひきわり納豆4.6g

先ほども言ったように納豆1パックは50g前後です。つまり、1パックあたりだと普通の納豆なら2.7g、ひきわり納豆なら2.3gしかありません。スタンダード糖質制限の目安が1食あたり糖質40gと知っていれば、これがいかに低糖質か分かりますね。2パックや3パック程度の摂取であれば何ら問題ないと思われます。

そもそも、納豆の原材料である大豆が豆類の中でも低糖質な部類。その糖質量は茹でたもので100gあたり2.7gしかありません。納豆になるとやや糖質が増えるようですが、それでも低いことには変わりないわけで、納豆は糖質制限ダイエットに向いた食材と言えそうです。

ただ、上の数字はあくまでも一例であり、商品によってはもう少し糖質が高いこともあります。さすがに1パックあたり10gなど極端な数字になることは少ないと思いますが、商品購入前には成分表記を確認しておきましょう。

納豆の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に納豆の脂質も確認しましょう。

納豆の種類脂質(100gあたり)
納豆10g
ひきわり納豆10g

脂質については普通の納豆、ひきわり納豆共に100gあたり10gです。キリがよく非常に覚えやすい数字ですね。1パックあたりなら脂質5g程度ですので、低脂質な食品と言ってしまっても差し支えないでしょう。さすがに3パック4パックと量が増えてしまえば脂質オーバーの恐れもありますが、1日1パック程度の摂取であれば問題ないと思われます。

ただ、脂質も商品ごとに少しずつ変わってくることを忘れずに。気になる方は成分表記でカロリーや炭水化物量と共に脂質も確認しておきましょう。

タレやからしは使っても大丈夫?

ポイントを教える女性

市販のパック入り納豆はほとんどがタレとからし付きです。納豆の上にビニールがあり、その上にタレとからしの小袋が入っている、というパターンが多いですね。タレとからしによるカロリーや糖質の変化が気になる方も多いと思いますが、これは心配するほどではありません。

商品によって違うため何とも言えませんが、タレとからしを全て使ったとしても、10kcal以内の上昇量で済むでしょう。糖質は1g前後の違いでしょうか。糖質制限中で、糖質をほんの少しでも抑えたいのなら使用を控えた方がいいのかもしれません。

ちなみに、付属のタレやからしでは物足りず、さらに醤油などをプラスしてしまうとカロリーや糖質が高くなってしまうこともあるので、付属品以外の利用はおすすめしません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.