1. ダイエットレスキュー
  2. 食品赤福のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

赤福のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

赤福

赤福は三重県にある和菓子屋のことですが、一般的にはその和菓子屋が販売する赤福餅のことを指します。餅の周りを餡子でコーティングしたお菓子で、いわゆるあんころ餅に近いです。ただ、容器を傾けるだけで餅が崩れてしまうという柔らかさを持ちます。

今回はそんな赤福のカロリー、糖質、脂質を紹介します。

赤福のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは赤福のカロリーから見ていきましょう。

  • 赤福のカロリー:91kcal/1粒(37.5g)あたり

赤福は1粒あたり91kcalですので、100gあたりだと243kcalほどです。これは、一般的なあんころ餅とそう変わりません。そもそも、赤福の原材料を見ると、砂糖、小豆、もち米、糖類加工品(冬季製造分のみ)となっています。糖類加工品はやや気になりますが、基本的にはあんころ餅と変わらない材料です。

しかし、あんころ餅の時点でカロリーは高めだと言われています。幸いにも赤福は1粒が小さいため、1粒なら100kcal以内に収まりますが、あの強い甘みが後味を引くのは確かです。とはいえ、カロリー制限中ならおやつに200kcal近くも摂取するのは危険でしょう。

1日1個程度なら何とか許容範囲ですから、その1個でグッと我慢するようにしてください。お土産などにいただいて、1人では消費期限までに食べきれないと判断すれば家族や友人などにおすそ分けしましょう。

赤福は消費期限が短いため、ダイエット中に12個入りや20個入りをいただいてしまうと厄介ですね。

赤福の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に赤福の糖質を見ていきましょう。

  • 赤福の糖質:19.6g/1粒(37.5g)あたり

赤福の糖質は1粒で19.6gほどと言われています。つまり、重さに対して半分以上の糖質を含むわけです。これは、餅が主食系なうえ、餡子にたっぷりと砂糖が用いられるためでしょう。同じ理由からあんころ餅も高糖質です。

スタンダード糖質制限だと1食に糖質を40g、1日に120gまでしか摂取できません。そのため、赤福1粒のサイズで約20gの糖質というのは、糖質制限的にみるとパフォーマンスが悪いです。

人によっては一口で食べ終えてしまうサイズですからね。どうしても赤福を食べたいのなら、砂糖を使用せず甘味料で味付けした餡子を用い、赤福もどきを作るしかないでしょう。しかし、これも餅を使う時点で糖質は高めになりますので、おすすめはできません。

赤福の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に赤福の脂質を見ていきましょう。

  • 赤福の脂質:0.2g/1粒(37.5g)あたり

こってりしたイメージの餡子も、脂質についてはほとんど含んでいません。また、米と同じく餅もほとんど脂質を含まないです。そのため、赤福は1粒で0.2gしか脂質を含まない低脂質食品。バターたっぷりの焼き菓子やケーキ類と違って脂質を気にせず済むのは嬉しいところでしょう。

とはいえ、既に紹介したようにカロリーや糖質は高めなのですから食べ過ぎはいけません。低いのは脂質だけという事実を忘れないでください。

赤福と似た食品のカロリーや糖質

ポイントを教える女性

最後に、赤福と同じく餅などの米類と餡子を用いて作るお菓子類のカロリーや糖質を見ていきましょう。

種類カロリー糖質脂質
柏餅(100g1個)206kcal45.0g0.4g
あん団子(80g1本)161kcal35.4g0.3g
よもぎ団子(80g1本)148kcal29.4g0.4g

1個のサイズが違うためやや比較しにくいのですが、やはり餅や餡子を用いて作るお菓子類は赤福とカロリーや糖質がそう変わりません。ただ、全体的に赤福の方が少しずつ高い印象を受けるのも事実です。

このことからも、ダイエット中なら赤福は食べ過ぎない方がいいでしょう。自分で購入する際は、食べ過ぎないよう小さめのサイズを購入してください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.