1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ショートブレッドのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ショートブレッドのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ショートブレッド

ショートブレッドはスコットランドのお菓子のひとつで、簡単に言えばバタークッキーです。形状は長方形にいくつかの穴が穿たれたもので、日本的に言うとカロリーを効率よく摂取するブロック状の食品に近いです。

今回はそんなショートブレッドのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

ショートブレッドのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはショートブレッドのカロリーから見ていきましょう。

  • ショートブレッドのカロリー:481kcal/100gあたり

ショートブレッドは基本的に小麦粉とバター、砂糖、塩の4つから作られます。このうち、塩はカロリーをほぼ含みませんが、残りの3つはカロリーが高めです。特にバターは脂質の問題から高カロリーで、100gあたりだと763kcalもあります。

それでいて、ショートブレッドは小麦粉100gに対して50~60g前後のバターを使用するのですから、当然ながらカロリーは高めになります。1本が20g程度なら何とか100kcal以内に収まるものの、ショートブレッド1本なんて2口か3口くらいで食べ終えてしまうでしょう。

このことから、カロリー制限中にショートブレッドを食べるのはやや厳しいかもしれません。

ショートブレッドの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にショートブレッドの糖質を見ていきましょう。

  • ショートブレッドの糖質:57.1g/100gあたり

小麦粉、バター、砂糖、塩のうち、バターと塩についてはほぼ糖質を含みません。しかし、小麦粉は100gあたり70g前後、砂糖は重さとほぼ同じだけの糖質を含みます。

それでいて、ショートブレッドの半分程度は小麦粉で出来ていますし、砂糖もバターに負けず劣らずの量を使用します。つまり、ショートブレッドはカロリーだけでなく糖質も高くなるということです。

上記の数字を見てもらえば分かるように、重さに対して半分以上の糖質を含んでいます。1本が20gだとしても、糖質は11.4gほどあるため、糖質制限中の摂取は出来るだけ避けた方がいいでしょう。

ショートブレッドの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にショートブレッドの脂質を見ていきましょう。

  • ショートブレッドの脂質:23.9g/100gあたり

4つの材料のうち、脂質を多く含むのはバターです。むしろ、他の材料についてはほとんど脂質を含みませんので、バターの使用量がショートブレッドの脂質量と言っても過言ではありません。

1本が20gだと脂質は4.8gほど。対して、1食に摂取できる脂質は成人男性でも20g前後ですから、2本3本と食べるのは危険と言えるでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.