1. ダイエットレスキュー
  2. 食品羊羹のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

羊羹のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

羊羹

羊羹と言えば、まったりとした甘さが魅力の和菓子です。基本的に餡子を寒天で固めた、餡子の塊のようなお菓子ですから当然ながらカロリーや糖質は高いわけですが、その具体的な数字はどのくらいなのでしょうか。

今回は羊羹のカロリーと糖質と脂質についてです。

羊羹のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

羊羹と一口に言っても一般的な練り羊羹や水羊羹から、蒸し羊羹まで様々な種類が存在します。もちろん、それぞれで材料などが少しずつ異なりますから、カロリー量も変わってきます。

羊羹の種類カロリー(100gあたり)
練り羊羹296kcal
水羊羹171kcal
蒸し羊羹242kcal

こうしてみると、一般的な練り羊羹が最も高カロリーだと分かります。1切れが50gだとしても148kcalほどあるため、ダイエット中なら迂闊には摂取できないでしょう。2切れも3切れも食べてしまえば、ほぼ確実にカロリーオーバーの原因になります。

練り羊羹と水羊羹については、ほとんど同じ材料で構成されますが、カロリーに違いがあるのは水分量が違うためです。水羊羹は寒天の量が少なく、水を多めに用います。そのため、水分の含有率が高くなり、同じ重さでも練り羊羹より低カロリーになるわけです。

水羊羹が練り羊羹よりしっとりしている理由もここにあります。そのため、練り羊羹に比べてすぐ食べ終わってしまうかもしれませんが、ダイエット中なら水羊羹の方が適しているでしょう。水羊羹なら1切れあたり100kcal以下もありえます。

ちなみに、蒸し羊羹は小麦粉などを用いるもので、名前こそ羊羹とつくものの、別物という認識が強いかもしれません。

羊羹の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に羊羹の糖質を見ていきましょう。

羊羹の種類糖質(100gあたり)
練り羊羹66.9g
水羊羹37.8g
蒸し羊羹52.7g

羊羹は餡子と寒天から作られるお菓子ですので、当然、糖質は高めになります。水分量が多いことから水羊羹だと少しだけ糖質が低く見えますが、それでもスタンダード糖質制限の1食分である40gに近い数字です。

水羊羹100gで1食分の満足感を得られるなら話は別ですが、まずそれはないでしょう。水羊羹だけでは2時間もしないうちにお腹が空いてしまいそうです。

練り羊羹についてはその2倍近い数字を持ちますし、蒸し羊羹も小麦粉などを用いることから糖質が高い傾向にあります。ですので、基本的に糖質制限中は羊羹を避けた方がいいでしょう。どうしても食べるなら、水羊羹を少しだけでしょうか。それでも、おすすめはしません。

羊羹の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に羊羹の脂質を見ていきましょう。

羊羹の種類脂質(100gあたり)
練り羊羹0.2g
水羊羹0.1g
蒸し羊羹0.3g

羊羹は餡子と寒天から出来ており、両者の脂質が低いため、どれも脂質だけは低めです。蒸し羊羹に用いられる小麦粉や米粉も脂質はほとんど含みません。

ただ、生クリームやチョコレートを用いた変わり種商品の場合は脂質が高めになるかもしれないです。滅多に食べることは無いと思われますが、一応は注意しておきましょう。

一般的なバリエーション商品の栗羊羹や芋羊羹などについては特に問題ないでしょう。栗や芋は糖質こそ高いものの、脂質はやはりほとんど含みません。

ダイエット中に羊羹を食べる時の注意点

ポイントを教える女性

まず、羊羹は1切れのサイズに注意してください。特に1本まるまる購入して切り分けるなら、なるべく薄めにしておくといいでしょう。具体的には30g前後が理想でしょうか。これなら練り羊羹でも100kcal以内に収まりそうです。

また、市販の羊羹のカロリーや糖質が高すぎると思えば自分で作ってしまうのも一つの手です。羊羹は寒天と餡子さえあれば簡単に作ることができます。ただ、普通のレシピ通りに作ったのではヘルシーになりませんから、砂糖を含まない状態の餡子を購入し、そこに甘味料を用いて味付けを行いましょう。

砂糖の代わりに甘味料を用いるのはダイエットの基本で、カロリーや糖質の大幅なカットに繋がります。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.