1. ダイエットレスキュー
  2. 食品サーターアンダギーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

サーターアンダギーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

サーターアンダギー

サーターは沖縄方言で「砂糖」を、アンダーギーは「油」を意味するアンダと、「揚げ」を意味するアギに伸ばしをつけたもので「油で揚げたもの」を意味します。そんなサーターアンダギーは砂糖を用いて作る、沖縄県のドーナツです。

今回はサーターアンダギーのカロリーや糖質、脂質を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

サーターアンダギーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはサーターアンダギーのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
サーターアンダギー368kcal
ドーナツ375kcal
マラサダ348kcal
チュロス373kcal

今回は中心に穴の空いた普通のドーナツや、同じく小麦粉や砂糖の生地を揚げるマラサダやチュロスとカロリーを比較してみました。こうしてみると、どれもほとんどカロリーが違わないと分かります。

そもそも、牛乳の有無など些細な違いはあるものの、基本的にサーターアンダギーのレシピはドーナツとそう変わりません。一応は砂糖がふんだんに使われることになっていますが、これもレシピ次第でしょう。

そんな、ドーナツとほぼ同じカロリー量のサーターアンダギーが低カロリーと高カロリーのどちらかと言えば、これは確実に高カロリーな方です。もともと、ドーナツ自体がお菓子の中でもカロリーが高くダイエットに向かないと言われる代物です。

それと材料や作り方があまり変わらず、同程度のカロリーを持つのですから、サーターアンダギーがカロリー制限ダイエットに向かないのは当たり前でしょう。

幸いにも1個の重量は35g程度と低めですが、それでも100kcal以上ありますので、おやつに食べるなら2個以上は摂取しない方がいいと思います。

サーターアンダギーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にサーターアンダギーの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
サーターアンダギー53.0g
ドーナツ52.4g
マラサダ42.0g
チュロス55.4g

糖質についても普通のドーナツとほぼ変わりません。そして、普通のドーナツ同様に非常に高糖質です。糖質が高い理由については察しがつく方も多いと思いますが、とにかく砂糖が大量に用いられること、さらにメインの材料が小麦粉というのがよくありません。

これらのせいで、油がほぼ糖質を含まないにも関わらずサーターアンダギーは重さに対して半分程度の糖質を持つことになります。

1個の重量が35gでも糖質は18.6gもあるのですから、まず糖質制限向けとは言えません。2個も食べれば、それだけでスタンダード糖質制限の1食分になってしまいますから気を付けてください。基本的には食べないようにするのが無難だと思われます。

サーターアンダギーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にサーターアンダギーの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
サーターアンダギー12.6g
ドーナツ14.9g
マラサダ15.1g
チュロス12.3g

サーターアンダギーはバターを用いないことが多いため、普通のドーナツに比べると少しだけ低脂質な傾向にありますが、やはり油たっぷりのお菓子ですから食品全体で見れば低脂質とは言えません。

1個が35gだと脂質は4.4gほど。1個程度の摂取なら大丈夫だとは思いますが、食事との合計脂質が1食分とされる16~20gを超えないよう注意してください。

サーターアンダギーのカロリーや糖質を抑えるには?

ポイントを教える女性

カロリーは油で揚げると大幅に上昇してしまいますから、カロリーを抑えるなら揚げないレシピを活用しましょう。サーターアンダギーは普通のドーナツと同じく、オーブンで焼きあげて完成させることも可能です。

また、糖質を抑えたい場合はおからパウダーを活用するのもありです。食感は少し違ってしまいますが、小麦粉の代わりにおからパウダーを用いれば糖質を抑えることが出来るでしょう。加えて、砂糖を甘味料に置き換えれば1個あたりの糖質5g以下の可能だと思われます。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.