1. ダイエットレスキュー
  2. 食品メレンゲのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

メレンゲのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

メレンゲ

メレンゲは卵の卵白だけを泡立てた食材のことで、主にお菓子作りに使用されます。有名なものとしてはマカロンやダックワーズあたりでしょうか。また、コンソメのアクとりなどお菓子以外の料理に用いられることもあります。

今回はそんなメレンゲのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

メレンゲのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはメレンゲのカロリーから見ていきましょう。

  • メレンゲのカロリー:47kcal/100gあたり

卵と言えばカロリーの高いイメージがあるでしょう。しかし、メレンゲの場合は卵の卵白だけを使用します。実は卵の卵白と卵黄では大きなカロリー差があり、卵白が100gあたり47kcalしか含まないのに対して、卵黄は100gあたり387kcalも含むのです。

そのため、メレンゲはイメージと違ってカロリーが低めの食材です。ただ、これはあくまでも卵白を泡立てただけの状態のカロリー量であり、実際にメレンゲを使用して作ったお菓子のカロリーは高めになることが多いため、注意が必要です。

たとえば、ダックワーズにはメレンゲだけでなく大量の砂糖や小麦粉、バターなどが使用されるため、100gあたりのカロリーは258kcalにもなってしまいます。もちろん、マカロンなど他のお菓子も同じことです。

メレンゲの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にメレンゲの糖質を見ていきましょう。

  • メレンゲの糖質:0.4g/100gあたり

メレンゲの糖質は、糖質制限向けの食材として有名な肉類に匹敵するほど低い数字です。そのため、糖質制限向けの食材と言いたいところですが、先ほどいったようにメレンゲは主にお菓子作りに利用されますから、砂糖や小麦粉など高糖質な食材と混ぜてしまうことが多いです。

たとえば、ダックワーズなら100gあたり37.4gの糖質を持ちますし、マカロンなら100gあたり54.3gもの糖質になってしまいます。要は、メレンゲ自体は低糖質でも、メレンゲを使った食品はおおむね糖質が高いということです。

ただ、煮込み料理などに砂糖を加えずに使うのなら特に問題はありません。

メレンゲの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にメレンゲの脂質を見ていきましょう。

  • メレンゲの脂質:0g/100gあたり

卵と言えば脂質も高いイメージでしょう。卵を使うマヨネーズなどが高脂質ですので、そのイメージがつくのは仕方ありません。ただ、卵の脂質が高いのは全て卵黄のせいです。卵黄が100gあたり33.5gもの脂質を含むだけで、卵白についてはほぼ脂質を含みません。

そんな卵白だけで作られるのがメレンゲですから、当然、メレンゲも脂質をほぼ含まないことになります。また、砂糖を加えても脂質は0gのままでしょう。ただ、バターなどを加えると脂質が高くなるため、洋菓子を作成する場合は気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.