1. ダイエットレスキュー
  2. 食品パンナコッタのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

パンナコッタのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

パンナコッタ

パンナコッタは生クリームをでん粉やゼラチンで固めたイタリアのお菓子です。見た目的には牛乳プリンに近く、よくイチゴやオレンジ、マンゴーなどのフルーツ類と共に食されます。また、見栄えが良いように小さな葉が乗せられることも少なくありません。

今回はそんなパンナコッタのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

パンナコッタのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはパンナコッタのカロリーから見ていきましょう。

  • パンナコッタのカロリー:240kcal/100gあたり

パンナコッタはゼラチンなどで生クリームを固めた食品ですから、当然、カロリーは高めになります。牛乳やゼラチン、フルーツなどの材料が加わることから生クリーム100gの433kcalに比べれば低カロリーですが、おやつとしてはやや危険なカロリーでしょう。

1個あたりの重量は一般的なもので90g前後ですので、1個あたり216kcalも含まれることになります。対して、ダイエット中だとおやつのカロリーは100kcalくらいに抑えた方が良いと言われています。

絶対に食べるなとは言いませんが、食べるなら食事の量を少し抑えるなどの工夫は必要になってくるでしょう。

パンナコッタの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にパンナコッタの糖質を見ていきましょう。

  • パンナコッタの糖質:15.7g/100gあたり

パンナコッタの糖質はケーキ類やクッキーなどの洋菓子に比べれば低めです。ただ、1個が90gなら1個あたり14.1gの糖質が含まれますから、糖質制限向けと言えるかは微妙なところでしょう。

糖質制限中だと間食の糖質は5gが理想、多くても10g程度が限度ですので、パンナコッタを食べるなら食事の糖質量をさらに抑えるなどの努力が必要になってきます。

ちなみに、パンナコッタの糖質が高いのは生クリームのせいではなく、そこに入れる砂糖のせいです。つまり、自分でパンナコッタを作れる方なら、砂糖ではなく甘味料を用いることで糖質を大幅に抑えることができます。

パンナコッタの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にパンナコッタの脂質を見ていきましょう。

  • パンナコッタの脂質:18.4g/100gあたり

パンナコッタ1個の重量が90gだと、1個あたりの脂質は16.6gほどです。これは、成人女性の1食分とされる脂質16gとほぼ同じですね。すなわち、女性ならパンナコッタ1個で1食分の脂質を摂取すると考えてください。

言ってしまえば、パンナコッタの脂質は高いです。普通は間食にプラスして食事の脂質も摂取しますから、パンナコッタをおやつに食べれば脂質オーバーはほぼ確実かと思われます。やはり、生クリームをメインにしたお菓子は脂質が高めです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.