1. ダイエットレスキュー
  2. 食品鮭とばのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

鮭とばのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

鮭とば

秋鮭を干して作られた鮭とば。冬に炙って熱燗と一緒に食べると、なんとも言えない幸福感に包まれますよね。でもそんな鮭とばは、ダイエット中でも食べることができるのでしょうか?魚だからヘルシーに思えますが、実は高カロリーということはないのでしょうか。

ここではそんな鮭とばのカロリーや糖質をご紹介し、それぞれのダイエット方法で食べてもいいのかどうかについての考え方を説明します。

鮭とばのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず鮭とばのカロリーについて見ていきましょう。比較のために同じく干して作られたスルメとビーフジャーキーを比較のために並べました。

種類カロリー(100gあたり)
鮭とば328kcal
スルメ334kcal
ビーフジャーキー315kcal

鮭とば100gに含まれるカロリーは328kcalもあります。これは鮭とばに含まれる水分量が少ないためで、同じように干して作られるスルメもビーフジャーキーも300kcalを超えています。この値は言うまでもなくとても高く、カロリー制限には向いていません。

女性が1食で摂取するカロリーの目安は583kcalです。鮭とばを100g食べることはあまり考えられませんが、お酒が入るとついつい食べすぎてしまいますよね。お酒にもカロリーは含まれていますので、2重にカロリーを摂取することになります。カロリー制限中に鮭とばは食べないようにしましょう。

鮭とばの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次に鮭とばの糖質について見ていきましょう。高カロリーでしたが、魚でできているので糖質は少なそうですが、実際のところはどうなのでしょう?

種類糖質(100gあたり)
鮭とば2.2g
スルメ0.4g
ビーフジャーキー6.4g

鮭とば100gに含まれる糖質は2.2gしかありません。5g以下の食品が低糖質となりますので、その基準を大きく下回っている鮭とばは、糖質制限に適した食品ということになります。鮭そのものにそれほど多くの糖質が含まれませんので、当然の結果ではあります。

ただし、おなじ乾物のスルメであればもっと糖質を減らすことができます。もし糖質をもっと減らしたいのであれば、鮭とばではなくスルメを選ぶようにしましょう。ビーフジャーキーは糖質が高めですので、それであれば鮭とばを選ぶようにしましょう。

鮭とばの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

カロリーと糖質について見てきましたが、ダイエットしている人が気になる脂質についても見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
鮭とば7.2g
スルメ4.3g
ビーフジャーキー7.8g

鮭とば100gに含まれる脂質の量は7.2gです。女性が1食で摂取する脂質の目安が16.2gですので、鮭とばを100g食べるとその半分近くを満たすことになります。実際には100gの鮭とばを食べるというのは現実的ではありませんので、食べすぎなければ問題ないと判断できます。

さらに脂質は少なければいいというものではありません。ダイエット面で考えれば、もちろん少ないほうがいいのですが、減らしすぎると肌のトラブルなどが発生する可能性があります。これくらいであれば、むしろ積極的に摂取したいところですので、気にせずに食べるようにしましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.