1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ハヤシライスのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ハヤシライスのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ハヤシライス

ハヤシライスは薄く切った牛肉や玉ねぎをデミグラスソースで煮込み、ご飯の上にかけた料理のこと。喫茶店のメニューとして有名な一品で、ふらりと立ち寄った路地裏の喫茶店のハヤシライスが美味なんてこともしばしば。カレーに比べるとややマイナー感はありますが、カレーと同じく固形のルーが販売されています。

今回はそんなハヤシライスのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ハヤシライスのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはハヤシライスのカロリーから見ていきましょう。まず、ハヤシライスは以下のような材料から作られます。

ハヤシライスの材料カロリー
ご飯(200g)336kcal
牛肩ロース(50g)120kcal
玉ねぎ(60g)22kcal
ルー(20g)102kcal
サラダ油(3g)28kcal
水(100ml)0kcal

本格的なハヤシライスだとデミグラスソースやトマトピューレなどを用いるのですが、一般家庭で作る場合はおおむね市販のルーを活用するでしょう。ですので、今回は市販のルーを使った際のレシピを参考にしています。

上記の数字を合計することでハヤシライス1杯のカロリーが分かります。

  • ハヤシライスのカロリー:608kcal/1杯あたり

市販のルーから作ったハヤシライスは1杯あたり608kcalほどです。かつ丼など揚げ物を用いた料理ほどのカロリーはないものの、成人女性なら1杯で1食分のカロリー目安を超えてしまいそうな数字ですから、摂取には注意が必要でしょう。

また、レシピによっては上記よりも牛肉を多めに用いることがあります。その場合は700kcalを超えてしまうかもしれません。加えて、牛肉の部位がバラ肉などカロリーの高いものだと、よりカロリーが高くなりやすいです。

ハヤシライスの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にハヤシライスの糖質を見ていきましょう。まず、各材料の糖質は以下のようになります。

ハヤシライスの材料糖質
ご飯(200g)73.6g
牛肩ロース(50g)0.1g
玉ねぎ(60g)4.3g
ルー(20g)9.0g
サラダ油(3g)0.0g
水(100ml)0.0g

ハヤシライスの材料で大きな糖質を持っているのはご飯くらいのものです。ルーも重さに対しての糖質はそれなりですが、1杯に使う量は20g程度ですので糖質10g以内に収まります。

上記の数字を合計することでハヤシライス1杯の糖質が分かります。

  • ハヤシライスの糖質:87g/1杯あたり

主にご飯のせいでハヤシライスの糖質は非常に高いです。比較的、制限がゆるいとされるプチ糖質制限ですら1食に摂取できる糖質は60g以下ですので、ハヤシライス1杯だと27gもオーバーしてしまいます。

そのため、基本的にハヤシライスは糖質制限に向かない料理だと考えた方がいいです。ただ、自宅で作る場合はご飯の代わりに豆腐を使う方法などで糖質を抑えることができます。

ハヤシライスの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にハヤシライスの脂質を見ていきましょう。まず、各材料の脂質は以下のようになります。

ハヤシライスの材料脂質
ご飯(200g)0.6g
牛肩ロース(50g)8.7g
玉ねぎ(60g)0.1g
ルー(20g)6.6g
サラダ油(3g)3.0g
水(100ml)0.0g

牛肩ロースは牛肉の中でもカロリーや脂質が低い方ですので、50gでも脂質8.7gですんでいます。これが、バラ肉など脂身の多い部位だと50gの使用量でも脂質が15gを超えてしまいますから、出来るだけ肩ロースかさらに脂肪分の低い部位を選んだ方がいいでしょう。

上記の数字を合計することでハヤシライス1杯の脂質が分かります。

  • ハヤシライスの脂質:19g/1杯あたり

成人女性で1食の脂質摂取目安が16g前後、成人男性で20g前後と言われています。そのため、女性だと1杯の摂取で脂質目安を超えてしまうかもしれません。

また、男性でも牛肉の部位や量によっては簡単に脂質20gを超えてしまうため注意が必要です。

レストランや専門店のハヤシライスに注意

ポイントを教える女性

美味しいハヤシライスを食べたいと思った時、専門店などを利用する方も多いと思いますが、外食店のハヤシライスは味付けが濃いめであったり、調理時に油が多く使用されていたり、牛肉の部位の問題からカロリーや脂質が高いことも少なくありません。

実際、カロリーが公表されているメニューをみると、700kcalや800kcalの文字が並んでいます。もちろん、全ての外食店に共通するわけではありませんが、外で食べるときは注意しておくべきでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.