1. ダイエットレスキュー
  2. 食品インドカレーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

インドカレーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

インドカレー

日本でカレーと言えば市販のルーを用いたカレーライスが有名ですが、あれは日本向けの食品であって本場インドのものとは違います。本場インドのカレーは日本のものに比べてとろみが少なく、主にナンというパンと一緒に食べられます。

今回はそんなインドカレーのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

インドカレーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはインドカレーのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(1人前)
インドカレー(チキン)375kcal
インドカレー(野菜)302kcal
ナン262kcal

インドカレーと一口に言っても実に様々な種類が存在します。今回はその中から代表的なチキンと野菜のものをピックアップしました。なお、インドカレーは日本のものと違ってライスを含まないのが基本ですから、カレーのカロリーはルーのみのものだと考えてください。

そして、一般的にはナンとセットでいただきますので、チキンのインドカレーだと1人前で637kcalくらいは摂取することになるでしょう。野菜の方だと具材のカロリーが少し低い分、600kcal以内ですみそうです。

ルーのカロリーについてはそこまで変わりませんが、ライスに比べるとナンの方がやや低カロリーなことから、日本のカレーライスに比べると、インドカレーの方が少しだけカロリーが低めかもしれません。

とはいえ、種類によってはナンとセットで700kcalを超えることもありますし、油断はしない方がいいでしょう。

インドカレーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にインドカレーの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(1人前)
インドカレー(チキン)13.0g
インドカレー(野菜)23.2g
ナン45.6g

チキンのインドカレーだと日本のカレーとは違ってジャガイモやニンジンなどを含まないことが多いため、1人前でも13g程度しか糖質を含みません。これは、ライスを含まない状態のカレーの半分程度の数字です。

ただ、野菜の方だとジャガイモが入ることが多く、日本のカレーとそう変わらない糖質量になってしまいます。そのため、糖質制限中ならカロリーは高いもののチキンの方を選択するのがいいでしょう。

とはいえ、どちらにしてもナンをセットにすれば糖質制限向けでなくなることは覚えておいてください。上記の表のとおり、ナンは1人前で45.6gもの糖質を含んでいます。糖質もライスよりは低いものの、糖質制限1食分の目安を超えるには十分な数字です。

糖質制限中なら豆などの入ったインドカレーを選び、ナンはセットにしないので無難でしょう。お店によってはナンのサイズが大きく1個で糖質50gや60gを超えることもありえます。

インドカレーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にインドカレーの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(1人前)
インドカレー(チキン)29.3g
インドカレー(野菜)20.7g
ナン3.4g

チキンカレーは肉類が用いられるため脂質が高めです。1人前だと1食目安とされる脂質16~20gを超えてしまうため、脂質を制限している方は気を付けた方がいいでしょう。

また、野菜の方も決して低いとは言えない数字です。野菜類自体は脂質をほとんど含みませんが、カレーはルー自体がそれなりの脂質を含んでいます。

野菜の方でもナンをセットにすれば脂質が25g近くなってしまいますし、インドカレーを食べるなら他の食事の脂質を減らすなどして、1日の脂質合計を調整した方がいいでしょう。

インドカレーを食べる時のポイント

ポイントを教える女性

ダイエット中にインドカレーを摂取するなら食べすぎには十分気を付けましょう。インドカレーの場合は特に辛みが強く、その辛みで食欲が増進されてしまいがちです。そのため、普段よりついつい多く食べてしまうことも少なくありません。

また、ナンのサイズが選択できる場合は小さめのものを選んでおきましょう。ナンはカロリーも糖質も高い食品ですから、インドカレーを一緒に食べ過ぎてしまえば、肥満への道をまっしぐらかもしれませんよ。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.