1. ダイエットレスキュー
  2. 食品海鮮丼のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

海鮮丼のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

海鮮丼

海鮮丼は丼ご飯の上にマグロやサーモン、ホタテ、いくら等の海産物を乗せた料理のことです。使用される海産物に決まりはなく、1つの丼で10種類近くの具材が乗っているものもあれば、2~3種類程度しか乗っていないものまで存在します。

今回はそんな海鮮丼のカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

海鮮丼のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

海鮮丼のレシピで確実に存在するのはご飯だけであり、他の材料についてはレシピによって様々です。今回は、海鮮丼に使用する材料の中からポピュラーなものをチョイスして、そのカロリー量を考えていきます。

まず、下記が海鮮丼に使用する材料のカロリーです。

海鮮丼の材料カロリー
ご飯(200g)336kcal
マグロ(40g)50kcal
サーモン(40g)56kcal
ホタテ(30g)22kcal
イカ(30g)26kcal
いくら(30g)82kcal
厚焼き玉子(40g)60kcal

今回は定番であろうマグロとサーモンに加え、ホタテやイカ、いくら、厚焼き玉子が乗っていると想定しました。こうしてみると、海鮮丼のカロリーのうち、いかにご飯が多くを占めているか分かるでしょう。よく、ダイエット中にご飯の食べ過ぎが禁止されるのはこのカロリーの高さも理由です。

上記の数字を合計することで海鮮丼1杯のカロリーが分かります。

  • 海鮮丼のカロリー:632kcal/1杯あたり

1杯で632kcalといえば、牛丼や親子丼1杯と同じくらいのカロリー量です。肉類を使った料理に比べるとヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、海鮮丼にはいくらや玉子焼きなどカロリーが高めの食品も利用されますから、実際は一般的な丼物と同程度のカロリーを持ちます。

ただ、上記はあくまでも一例であり、いくらや玉子焼きが入っておらず、低カロリーな海産物だけで構成された海鮮丼も存在するため、必ずしも600kcalを超えるとは限りません。

中には500kcal程度の低カロリーな海鮮丼もあるでしょう。ダイエット中の方は、なるべく低カロリーな海産物で構成された海鮮丼を探してみてください。

海鮮丼の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に海鮮丼の糖質を考えていきましょう。まず、各種材料の糖質は以下のようになります。

海鮮丼の材料糖質
ご飯(200g)73.6g
マグロ(40g)0.0g
サーモン(40g)0.0g
ホタテ(30g)0.5g
イカ(30g)0.1g
いくら(30g)0.1g
厚焼き玉子(40g)2.6g

実際はマグロやサーモンも微量ながら糖質を含むものの、四捨五入すると0.1g未満になってしまうため、今回は0gとしています。こうしてみると、海産物は全体的に低糖質なのが分かるでしょう。玉子焼きが材料の卵より高糖質なのは、調理工程で砂糖などが少し加わるからです。

上記の数字を合計することで海鮮丼1杯の糖質が分かります。

  • 海鮮丼の糖質:76.9g/1杯あたり

やはり、ご飯をたっぷり含んだ丼物ですから糖質は非常に高いです。これだと、1杯食べるだけでスタンダード糖質制限の2食分の糖質を摂取することになります。

ご飯の量が多く、大量の海産物を含むことから腹持ちは悪くないものの、さすがに2食分の満足度はありませんし、糖質制限中の摂取は避けた方がいいでしょう。

海鮮丼の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に海鮮丼の脂質を考えていきましょう。まず、各種材料の脂質は以下のようになります。

海鮮丼の材料脂質
ご飯(200g)0.6g
マグロ(40g)0.6g
サーモン(40g)1.8g
ホタテ(30g)0.3g
イカ(30g)0.4g
いくら(30g)4.7g
厚焼き玉子(40g)3.6g

今回チョイスした海産物は脂の量が極端に多いこともなく、低脂質な部類にあります。ただ、いくらや玉子焼きなど卵類の脂質が高いため、1杯あたり脂質10gは超えてしまいます。

  • 海鮮丼の脂質:12g/1杯あたり

とはいえ、海鮮丼は他におかずを食べるような料理でもありませんし、成人女性の1食分とされる脂質16g以内に収まっていれば十分でしょう。醤油などは脂質をほぼ含まないため、調味料の添加も特に問題ありません。

ただ、カロリーの項目でも言ったように上記は一例です。ブリやタイなど脂質の高い海産物もたくさん存在しますので、注文前に何が乗っているのかをきちんと確認しておきましょう。

カロリーや脂質の高い海産物に注意しよう

ポイントを教える女性

海産物の糖質については基本的に100gあたり0.3g前後ですから問題ありませんが、カロリーや脂質はピンキリですので、海鮮丼を注文する際や、自宅で作るときは具材の種類に気を配るべきでしょう。

カロリーや脂質の高い海産物で有名なのは、ブリ、タイ、サンマ、ハマチ、トロ、いくら、うに等です。出来るだけ、マグロやサーモンなど低カロリー、低脂質な食材を選び、海鮮丼でカロリーや脂質を摂取しすぎないようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.