1. ダイエットレスキュー
  2. 食品フォーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

フォーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

フォー

フォーは米粉と水を原材料とするライスヌードルの一種です。ベトナム北部を本場とした食品で、主に鶏や牛の出汁を使ったあっさり味のスープに入れていただきます。ベトナムの食文化に深く根付いており、日によっては3食すべてがフォーということもあるようです。

今回はそんなフォーのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

フォーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはフォーのカロリーから見ていきましょう。

  • フォーのカロリー:356kcal/100gあたり

食品成分表には残念ながらフォーの記載はありませんが、市販の商品などを参考にすると100gあたり約356kcalだと言われています。そもそも、米粉と水で作られた食品であり、米粉が100gあたり366kcalなのですから、大きくずれることはないでしょう。

上記の100gは乾燥した状態の重さですので、1食分に100gも使うことは少ないかもしれませんが、インスタントのフォーを参考にすると、1個で重量60~70g程度はあるようです。

つまり、1個のカロリーは214~249kcalほど。ここにスープや具材のカロリーがプラスされると、400~500kcalくらいでしょうか。具材の種類や量にもよりますが、ラーメンと同じくらいか、少し低いくらいのカロリーは覚悟した方がいいかもしれません。

水分に浸した後の透明な見た目から、しらたきと同じく低カロリーだと思っていた方は気を付けてください。どちらかと言えば、春雨やビーフンに近いカロリー量です。

フォーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にフォーの糖質を見ていきましょう。

  • フォーの糖質:77.1g/100gあたり

糖質も市販の商品を参考にした数字ですが、先ほども言ったように材料は米粉と水ですから大きくずれることはないでしょう。やはり米を原材料とするため非常に高糖質なのが分かります。

いくら乾燥した状態とはいえ、100gあたり77.1gといえば小麦粉を上回る糖質量です。言ってしまえば、米を固めた麺を食べているようなものですから、一般的な中華麺以上に警戒した方がいいかもしれません。

1食分の重量が60gだとしても、糖質は40gを超えてしまいます。ただ、フォーを入れるスープや具材の肉類などについては糖質をあまり含まないため、これ以上に糖質が増えることは少ないと言えるでしょう。ただ、極端に濃いめの味付けや、ジャガイモなど高糖質な具材が入る場合は別です。

フォーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にフォーの脂質を見ていきましょう。

  • フォーの脂質:0.3g/100gあたり

まず、米粉の原材料である米がほとんど脂質を含んでいません。そして、フォーは米粉と水で作られるわけですから、脂質が低いのは当然と言えるでしょう。

ただ、フォー自体に問題がなくとも、フォーを入れるスープには肉類が入ることが多いため、脂質が高くなることもあります。特に牛肉たっぷりのスープだと脂質は高い傾向にありますから、脂質をあまり摂取したくないときは肉類少なめで野菜多めのスープを選びましょう。

他の麺類と比較すると?

ポイントを教える女性

最後にフォーと他の乾燥麺類のカロリーや糖質を比較してみましょう。

麺の種類カロリー糖質脂質
フォー(100g)356kcal77.1g0.3g
ビーフン(100g)377kcal79.0g1.6g
春雨(100g)342kcal83.1g0.2g

フォーとビーフンはどちらも米粉を原材料とするため、糖質やカロリーにほとんど違いはありません。また、ヘルシーなイメージの強い春雨も実は乾燥した状態だと100gあたり342kcalと83.1gもの糖質を含みます。

水分を含むことから1食に対する使用量が少ないとはいえ、決して低カロリー、低糖質とは言えない数字ですから、ダイエット中は食べ過ぎない方がいいでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.