1. ダイエットレスキュー
  2. 食品もんじゃ焼きのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

もんじゃ焼きのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

もんじゃ焼き

もんじゃ焼きは水で溶いた小麦粉を鉄板の上で焼く料理です。同じく小麦粉を原料とし、鉄板で焼くことからお好み焼きと似ていますが、もんじゃ焼きの方が水分量が多く、鉄板の上で加熱してなお固形化しないという特徴を持ちます。

今回はそんなもんじゃ焼きのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

もんじゃ焼きのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはもんじゃ焼きのカロリーから見ていきましょう。

  • もんじゃ焼きのカロリー:94kcal/100gあたり

もんじゃ焼きはお好み焼きに比べて水分量が非常に多いため、100gあたりだと94kcalしかありません。一方でお好み焼きは100gあたり230kcal前後あります。

ただ、水分量が多いだけに1人前の分量も多く、一般的なもので500g程度はあるため、1人前だと470kcalほどになってしまいます。一方のお好み焼きが1人前約230gで530kcal前後ですから、1人前あたりにするとそう変わりません。

そのため、もんじゃ焼きもお好み焼き同様、ダイエット中の摂取は気を付けるべきでしょう。少し食べ過ぎるだけで600kcalを超えてしまいますし、具材に肉類が多い場合も危険です。

もんじゃ焼きの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にもんじゃ焼きの糖質をみていきましょう。

  • もんじゃ焼きの糖質:9.7g/100gあたり

もんじゃ焼きもお好み焼きと同じく小麦粉を使った粉物ですから、糖質は当然ながら高くなります。小麦粉は100gあたり70g前後の糖質を持った高糖質な食材です。

100gあたりの糖質としてはそう高くないものの、もんじゃ焼きは8割程度が水分で構成されており、先ほど言ったように1人前で500g程度はありますから、1人前だと48.5gもの糖質を摂取することになってしまいます。

なお、地方によってはもんじゃ焼きにうどん等を入れることがあるようですが、炭水化物+炭水化物は非常に糖質が高くなりますので気を付けてください。

もんじゃ焼きの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にもんじゃ焼きの脂質を見ていきましょう。

  • もんじゃ焼きの脂質:4g/100gあたり

脂質も100gあたりだと低めの数字に見えますが、1人前の500gになると20gほどですので、決して低いとは言えません。ただ、脂質については小麦粉のせいではなく、主に豚肉などの具材によるせいですから、メニューによっては低くなることもあります。

脂質20gが高いと感じる方は、なるべく肉類を含まない、魚介類などを中心としたメニューを選択しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.