1. ダイエットレスキュー
  2. 食品他人丼のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

他人丼のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

他人丼

鶏肉と卵、玉ねぎを用いた丼料理のことを親子丼というのは皆さんご存知の通りです。では、鶏肉の代わりに牛肉や豚肉などを使用した場合はどうなのでしょうか。答えは他人丼。牛や豚は卵を産まないため、他人扱いになるのです。

今回はそんな他人丼のカロリー、糖質、脂質を見ていきましょう。

他人丼のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まず、一般的なレシピで作成した親子丼が1杯あたり646kcalとされています。このレシピに使用された鶏肉は70gほどで140kcalほど含んでいます。

今回は他人丼にするため、鶏肉の代わりに牛バラ肉を用いたと想定してみましょう。牛バラ肉70gのカロリーは260kcalですので、「646-140+260=766」で他人丼のカロリーは1杯あたり766kcalと分かります。

  • 他人丼(牛バラ肉使用)のカロリー:766kcal/1杯あたり

とはいえ、これは牛バラ肉を使った数字であり、他人丼に使われる肉類は決められていませんから、カロリーが増える、減ることもあるでしょう。

例えば、同じ牛肉であってもロースやヒレ肉ならカロリーはバラ肉より低めになります。逆に、和牛など脂身の多い牛肉を使ってしまうとカロリーは増えてしまうでしょう。これは、豚肉でも同じことです。

なお、1杯あたり766kcalは確実に高カロリーですので、カロリー制限を行っている方なら何らかの方法でカロリーを抑えてください。

他人丼の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

まず、親子丼の脂質が1杯あたり90.8gと言われています。このうち、鶏肉70gが占める糖質量は0gです。実際に食品成分表を見てもらうと分かりますが、鶏もも肉はデータ上で見れば糖質を含んでいません。

対して、牛バラ肉70gには0.1gほどの糖質が含まれますから、鶏肉を置き換えると「90.8+0.1=90.9」で他人丼1杯の糖質は90.9gとなります。

  • 他人丼(牛バラ肉使用)の糖質:90.9g/1杯あたり

親子丼より糖質が増えたとは言え、0.1gのほんの些細な差ですから気にしなくて大丈夫です。それよりも、そもそも糖質90gオーバーが非常に危険なことを意識しましょう。

糖質90g超えと言えばスタンダード糖質制限における2食分以上の数字ですから、他人丼1杯の摂取が糖質制限失敗に繋がります。

他人丼の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

まず、親子丼1杯の脂質が16.7gとされています。このうち、鶏肉70gが占める脂質は9.8gほどです。対して、牛バラ肉に含まれる脂質は23gですから、「16.7-9.8+23=29.9」で他人丼1杯の脂質は29.9gとなります。

  • 他人丼(牛バラ肉使用)の脂質:29.9g/1杯あたり

1食の脂質摂取目安が16~20gですので、1食分で脂質29.9gは高すぎます。脂質についてはカロリーと同じく、使用する肉の種類や部位で大きく変わりますから、脂質が気になる方はヒレ肉など脂身の少ない部位を使用しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.