1. ダイエットレスキュー
  2. 食品らっきょうのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

らっきょうのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

らっきょう

らっきょうと聞けば頭の中ではカレーがイメージされる、という方も少なくないでしょう。実際、日本におけるらっきょうの用途の9割はカレーなのではないでしょうか。よく福神漬けとセットで用いられます。

今回はそんならっきょうのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

らっきょうのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはらっきょうのカロリーから見ていきましょう。

らっきょうの種類カロリー(100gあたり)
らっきょう118kcal
らっきょう(甘酢漬)115kcal

らっきょうのカロリーは生の状態で100gあたり118kcal、甘酢漬で115kcalと言われています。こうしてみると、甘酢漬とのカロリー差がほとんど無いと分かりますが、商品によってはもう少しカロリーが高くなることもありますので気を付けてください。

実際、市販の商品の中には100gあたり150kcalを超えるものも存在します。とはいえ、らっきょう1個の重量は5g程度しかありませんので、カレー1杯に対して10個も20個も入れる方でなければ、大幅にカロリーを増やすことはないでしょう。

普通に2個か3個程度なら、せいぜい20kcalか30kcalといったところです。むしろ、問題なのはカレー本体の方で、ライスの盛り方などにもよりますが、あれは1杯あたり700kcalや800kcalを含んだモンスター料理です。

らっきょうの数に関係なく高カロリーな料理ですから、ダイエット中の摂取は回数を抑えた方がいいでしょう。ダイエット中なら野菜炒めなどヘルシーな料理に用いてください。

らっきょうの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にらっきょうの糖質を見ていきましょう。

らっきょうの種類糖質(100gあたり)
らっきょう8.3g
らっきょう(甘酢漬)25.9g

生のらっきょうと甘酢漬にしたらっきょうでは糖質に大きな差が出ます。この差の理由については明確でしょう。甘酢漬には砂糖やブドウ糖、蜂蜜などの高糖質食品を使用するためです。「甘」とつく料理や食品は高糖質なことが多くていけません。

とはいえ、先ほども言ったように1個の重量は5g程度ですから、1個なら糖質は1.3g程度です。いくら糖質制限中であっても、1.3g程度の糖質量なら問題はないでしょう。ただ、さすがに3個4個と量が増えると危険ですので、多くても2個程度で我慢してください。甘酢漬は意外と塩分も多いため食べ過ぎは塩分過多のもとです。

ちなみに、糖質制限中の方はカレーライスへの使用は禁止です。特に工夫をしていないカレーライスだと1杯で80g前後は糖質を持つため、らっきょうの有無に関係なく大幅に糖質摂取目安をオーバーしてしまうでしょう。

糖質制限中のらっきょうレシピとしては、先ほどいった野菜炒めや玉子焼き、サラダなどでしょうか。料理に使うなら甘酢漬でないらっきょうがいいですね。それなら少し多めに使っても問題ありません。

らっきょうの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にらっきょうの脂質を見ていきましょう。

らっきょうの種類脂質(100gあたり)
らっきょう0.2g
らっきょう(甘酢漬)0.2g

甘酢漬に使用される砂糖やブドウ糖などには脂質がほぼ含まれませんから、生のらっきょうも甘酢漬も脂質は変わりません。どちらも、他の野菜類と同じくほとんど含まないくらいの脂質量です。

そのため、サラダなど油分をほとんど加えない料理への使用なら問題ないでしょう。カレーについては肉類が多いと脂質が高くなります。

らっきょうの甘酢漬に甘味料を使うと糖質ダウン

ポイントを教える女性

糖質制限ダイエット中で、らっきょうの甘酢漬の糖質が高いと感じる方は自分で甘酢漬を作りましょう。この時、糖質カットの甘味料を用いることで、大幅に糖質を抑えることができます。

また、カロリーも同時に下がることが多く、よりヘルシーならっきょうの甘酢漬になるでしょう。甘味料はひとつ持っておくと、他の料理やお菓子にも使えて便利です。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.