1. ダイエットレスキュー
  2. 食品しめじのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

しめじのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

しめじ

しめじはキシメジ科に分類されるキノコのことで、椎茸やエリンギなどと同様、様々な家庭料理に用いられます。代表的なものとしてはバターで炒めたものでしょうか。他にもスープや煮物、炊き込みご飯など用途を選びません。

今回はそんなしめじのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

しめじのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはしめじのカロリーから見ていきましょう。

しめじの種類カロリー(100gあたり)
ぶなしめじ18kcal
ほんしめじ12kcal
はたけしめじ15kcal

しめじと言えばほんしめじ単体のことを意味する場合もありますが、ぶなしめじなども含めた総称とすることもあります。そして、ほんしめじは高級品であり、一般的に出回っているしめじはぶなしめじですから、こぞってほんしめじを購入しているのでなければ、ぶなしめじのカロリー量を参考にしましょう。

表でみるとぶなしめじが最も高カロリーであり、ほんしめじの1.5倍程度もカロリーを含むのですが、ほんしめじからして100gあたり12kcalしかありませんので、カロリーオーバーの大きな障害になることはないです。要は、ぶなしめじも十分に低カロリーです。

それでいて、しめじにはビタミンDやカリウムなどの栄養が豊富に含まれています。そのため、カロリー摂取量を抑えつつも、満腹感と豊富な栄養を得られるダイエット向けの食品と言えるでしょう。ただ、バター炒めやオリーブオイル炒めなど高カロリーな食品を用いる料理には気を付けてください。

ちなみに、かつてはぶなしめじがほんしめじの名で売られることもあったようですが、最近は状況が改善されているようです。

しめじの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にしめじの糖質を見ていきましょう。

しめじの種類糖質(100gあたり)
ぶなしめじ1.3g
ほんしめじ0.9g
はたけしめじ1.8g

しめじの糖質はどの種類も低いと言えます。はたけしめじがほんしめじの2倍の糖質を含みますが、それでも100gあたり1.8g程度です。しめじ100gと言えばけっこうなボリュームで、1人前の料理に使う量なら多くても100gくらいでしょう。

100gあたりの糖質が5g以下の食品は低糖質という括りになりますし、しめじは糖質制限中でもお腹いっぱい食べることができそうです。しかも、しめじは食物繊維を多く含むことから腹持ちがいいです。

調理法についてはバター炒めやスープなどなら問題ないでしょう。よほど濃い味付けにしたり、ジャガイモなど高糖質な食品を加えなければ糖質の低い状態をキープできると思われます。

ただ、炊き込みご飯やパスタなど主食系を含む料理は避けましょう。

しめじの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にしめじの脂質を見ていきましょう。

しめじの種類脂質(100gあたり)
ぶなしめじ0.6g
ほんしめじ0.4g
はたけしめじ0.3g

脂質量も種類による差があり、ぶなしめじははたけしめじの2倍ほどの脂質を持ちますが、やはり元の数字が低いことから問題はありません。茹でたものを醤油や塩などでいただく分には脂質も増えないでしょう。

ただ、しめじはバター炒めにすることが多く、その時に用いるバターが100gあたりだと81gもの脂質を含んでいます。もちろん、1回の料理にバターを100gも使うことはあり得ませんが、少しの使用量でも大きく脂質を増やすことは覚えておいてください。

しめじを噛んで満腹中枢を刺激しよう

ポイントを教える女性

しめじなどのキノコ類には食物繊維が多く含まれており、歯ごたえが良いという特徴があります。また、人間は物を噛むことで満腹中枢が刺激されて満足感を得やすいという特徴を持ちます。

歯ごたえがあるため、ご飯などよりは自然と噛む回数が増えると思われますが、より意識して噛むことでいつも以上の満足感を得ることができるはずですので、ぜひ試してみてください。歯ごたえを残すためにも、あまり柔らかくしすぎない方がいいかもしれません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.