1. ダイエットレスキュー
  2. 食品エリンギのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

エリンギのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

エリンギ

エリンギはヒラタケ科ヒラタケ属に分類されるキノコです。しいたけなどに比べると柄の部分が太く、傘の広がりが少ないのが特徴で、その独特な見た目からモンスターデザインのモチーフになることもあります。また、調理法は幅広く、ソテーやスープ、佃煮など多くの形で楽しむことが可能です。

今回はそんなエリンギのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

エリンギのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはエリンギのカロリーから見ていきましょう。

キノコの種類カロリー(100gあたり)
エリンギ24kcal
しいたけ18kcal
ぶなしめじ18kcal
まいたけ16kcal
なめこ15kcal

今回はポピュラーなキノコ類であるしいたけ、しめじ等とカロリーを比較してみました。この表から分かるように、エリンギはキノコ類の中で見るとややカロリーが高めで、上記だと唯一100gあたり20kcalを超えています。

とはいえ、肉類や卵などの高カロリー食品と比べれば圧倒的に低く、肉類との比較なら1/10以下という可能性も十分にあります。そもそも、キノコ類は全般的にカロリーが低いと言われますし、ダイエット中でも安心して口にできるでしょう。

ただ、エリンギを含めキノコ類を生でそのまま食べるのは無理ですから、実際は調理時に使用する調味料や他の具材のカロリーがプラスされるでしょう。たとえば、エリンギは豚肉などの肉類と相性が良いとされますが、肉類はカロリーが高く、一般的なバラ肉なら100gあたり350kcal以上もあります。

そのため、カロリー制限中はやや危険と言えるでしょう。一緒に使用する具材はキャベツやニンジンなどヘルシーな野菜類がおすすめです。

エリンギの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にエリンギの糖質を見ていきましょう。

キノコの種類糖質(100gあたり)
エリンギ3.1g
しいたけ1.4g
ぶなしめじ1.3g
まいたけ0.9g
なめこ1.9g

エリンギは他のキノコに比べて糖質も少しだけ高めですが、100gあたりの糖質が5g以内であれば、いわゆる低糖質な食品に分類されますので、糖質制限ダイエット中でも問題なく口にすることができます。

1食に20gしか糖質を摂取できないスーパー糖質制限などにも使いやすいでしょう。しかも、エリンギなどのキノコ類は食物繊維量が豊富なことから腹持ちがよく、糖質制限の敵である間食を避けることができます。ちなみに、エリンギの食物繊維量は100gあたり4.3gほどです。

調理法については、パスタや炊き込みご飯など主食系を含むものと、甘い煮物など砂糖を用いるものを避けておけば問題ないと思われます。おすすめとしては、ソテーやスープなどです。

エリンギの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にエリンギの脂質を見ていきましょう。

キノコの種類脂質(100gあたり)
エリンギ0.5g
しいたけ0.4g
ぶなしめじ0.6g
まいたけ0.5g
なめこ0.2g

脂質についてはエリンギが最も高いということもなく、100gあたりで0.5gです。対して、1食の脂質摂取目安が16~20gですので、エリンギのせいで脂質オーバーになる可能性は限りなく低いでしょう。

ただ、エリンギを使った料理の脂質が高くなる可能性は大いにあります。特にソテーの場合は油を用いますから、その使用量に応じて脂質は高くなるでしょう。また、豚肉など肉類との組み合わせも危険だと覚えておいてください。

エリンギはシンプルに塩で食べるのがおすすめ

ポイントを教える女性

エリンギは淡白な味わいをしているため、料理に使うとついつい味を濃いめにしがちです。しかし、調味料たっぷりの料理はカロリーが高くなりがちですから、ダイエット中なら塩炒めなどシンプルな味付けにしておきましょう。

塩ならカロリーや糖質、脂質をほぼ含みませんので、ダイエット中の味付けとしては最適でしょう。また、少量ならレモン汁などもおすすめです。逆に、マヨネーズや砂糖などは避けるようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.