1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ジンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ジンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ジン

ジンは大麦やライ麦、ジャガイモなどを原料にした蒸留酒のことです。非常にアルコール度数が高いことから、お酒に弱い方だと飲む機会は少ないかもしれませんが、カクテルの材料としても有名であり、マティーニやギブソンなどの材料になります。

今回はそんなジンのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ジンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはジンのカロリーから見ていきましょう。

スピリッツの種類カロリー(100gあたり)
ジン284kcal
ウォッカ240kcal
ラム240kcal
テキーラ231kcal

今回は世界4大スピリッツと呼ばれる4つの蒸留酒でカロリーを比較してみました。こうしてみると、最も高カロリーなのがジンだと分かります。

これは、ジンのアルコール度数が高いためでしょう。先に言ってしまうと、ジンやウォッカなどの蒸留酒には糖質や脂質、タンパク質がほぼ含まれません。では、どのようにしてカロリーが発生しているのかと言えば、アルコールです。

タンパク質や炭水化物が1gあたり4kcal、脂質が9kcalを含むのと同じように、アルコールも1gあたり7kcalになります。つまり、蒸留酒のアルコール度数は基本的に「カロリー量/7」で求めることができます。

ジンの場合は「284/7=約40.6」ですから、およそ40%程度のアルコール度数ということです。残りは水分ですので、カロリーや糖質などは含まれません。

話をカロリーの方に戻すと、100gあたり284kcalというのは非常に高く、コーラ(100gあたり46kcal)などでは足元にも及びません。しかし、アルコールによるカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれており、体内に吸収されないと言われています。

つまり、純粋にアルコールのカロリーだけで構成される場合、いくら摂取しても太ることはない、と言っているわけです。ただ、この意見には賛否両論もあるようですし、アルコール度数の高いお酒の大量摂取は危険ですから、飲みすぎは止めた方がいいでしょう。

ジンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にジンの糖質を見ていきましょう。

スピリッツの種類糖質(100gあたり)
ジン0.1g
ウォッカ0.0g
ラム0.1g
テキーラ0.0g

データ上で見るとジンには100gあたり0.1gの糖質が含まれるものの、0.1g程度であれば、ほぼ糖質を含まないと言ってしまっても問題はないでしょう。

ジンの材料は麦やジャガイモなど糖質の高い食品ばかりですが、蒸留酒の場合はアルコール分だけを蒸発させて抽出する方法をとりますから、原材料の糖質と完成品の糖質は結び付きません。

そのため、糖質制限にぴったり、と言いたいところですが、先ほど言ったようにジンは40%程度もアルコールを含んだとても強いお酒ですので、飲みすぎてしまえば酔いが回っておつまみを食べ過ぎてしまうことも考えられます。

それがポテトチップスやチョコレート、ラーメンなどの高糖質食品だったらと考えると、恐ろしいでしょう。このことから、等質的には問題ないものの、ジンの摂取はほどほどにした方がいいです。また、甘いジュースなどで割ったカクテルだと糖質が高くなりがちです。

ジンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にジンの脂質を見ていきましょう。

スピリッツの種類脂質(100gあたり)
ジン0.0g
ウォッカ0.0g
ラム0.0g
テキーラ0.0g

カロリーの項目で話したように、ジンの成分はほぼアルコールです。そのため、脂質は含まれません。これは、他のスピリッツも同じことです。

そもそも、ビールや日本酒なども脂質を含みませんし、脂質を含むお酒の方がレアと言えるでしょう。もっと言えば、脂質を含む飲料自体が稀です。

ジンを飲む時の注意点

ポイントを教える女性

ジンに含まれるカロリーは体内に吸収されないと言われるエンプティカロリーですし、糖質や脂質はほぼ含まれません。これだけ見ると、非常にダイエット向けのお酒にも感じますが、アルコール度数が40%程度と強いため、飲みすぎれば酔いで自制心を失い、おつまみを食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。

また、カクテルの種類によってはジュース類や甘いソーダを用いるため、糖質が高くなることもありえます。ダイエット中にジンを飲む時はこれらのことに注意してください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.