1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ウォッカのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ウォッカのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ウォッカ

ウォッカは蒸留したお酒を白樺炭で濾過したお酒のことで、水のような口あたりですっきりしているのが特徴です。ジンなどのスピリッツ同様、カクテルの材料になることが多く、有名なものにはオレンジジュースを混ぜるスクリュードライバーがあります。

今回はそんなウォッカのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ウォッカのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはウォッカのカロリーから見ていきましょう。

スピリッツの種類カロリー(100gあたり)
ウォッカ240kcal
ジン284kcal
ラム240kcal
テキーラ231kcal

今回はウォッカを含め、世界4大スピリッツと呼ばれるお酒を並べてみました。ウォッカはジンよりは低カロリーなものの、テキーラよりは少しだけカロリーが高く、ラムと同数です。

ご存知の方もいるとは思いますが、ウォッカなどの蒸留酒はアルコール度数によってカロリーが決まります。詳しくは下記で説明しますが、蒸留酒は製造工程の関係で糖質や脂質、タンパク質をほぼ含みません。

本来、食品のカロリーはタンパク質と炭水化物(糖質)と脂質の量で決まりますが、アルコールを含む場合は別で、アルコールには1gあたり7kcalが含まれています。

つまり、タンパク質などの栄養を一切含んでおらずとも、アルコールが含まれればカロリーはある程度発生しますし、1gあたりのカロリー量はタンパク質や炭水化物より高いくらいです。

ただ、アルコールに含まれるカロリーはエンプティカロリーと呼ばれるもので、体内に吸収されないという性質を持ちます。そのため、純粋にほぼアルコールだけのカロリーであるウォッカは、カロリー制限中でも摂取できるお酒です。

とはいえ、絶対に太らないとは言い切れませんし、アルコール度数の高いお酒を飲みすぎればおつまみを食べすぎたり、体調不良で胃や腸をやられてしまうかもしれません。

いくらアルコールに強い方でも摂取量はほどほどにしておきましょう。

ウォッカの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にウォッカの糖質を見ていきましょう。

スピリッツの種類糖質(100gあたり)
ウォッカ0.0g
ジン0.1g
ラム0.1g
テキーラ0.0g

カロリーの項目で話したように、ウォッカには糖質がほぼ含まれません。しかし、ウォッカの材料が麦やジャガイモ、フルーツなどと知っていると、なぜ糖質を含まないのか疑問に思うでしょう。

これは、ウォッカなどの蒸留酒が気化したアルコールを集めて液体にするという製法をとっているからです。そのため、原材料の糖質がお酒に加わることは無く、上記のように種類を問わずほぼ糖質を含みません。

このことから、ウォッカなどの蒸留酒は糖質制限中でも飲みやすいお酒と言われることが多いです。ただ、スクリュードライバーなどのカクテルになると糖質が高くなることもありますので、飲み方には気を付けましょう。

ウォッカの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にウォッカの脂質を見ていきましょう。

スピリッツの種類脂質(100gあたり)
ウォッカ0.0g
ジン0.0g
ラム0.0g
テキーラ0.0g

ウォッカは糖質だけでなく脂質も含まないお酒です。そもそも、ウォッカなどの蒸留酒はほぼアルコールと水で構成されますから、糖質や脂質が含まれないのは当然でしょう。

また、脂質についてはカクテルにした後も高くなることは少ないと思われます。ただ、チーズやポテトチップスなどのおつまみは脂質が高めです。酔った勢いで食べ過ぎないよう、ウォッカの飲みすぎには気を付けてください。

ウォッカは飲みすぎないように注意

ポイントを教える女性

ウォッカのアルコール度数は34%ほどあります。対して、一般的なビールが5%前後ですから、非常にアルコール度数が強いお酒だと分かるでしょう。

いくらエンプティカロリーに加えて糖質や脂質を含まないとはいえ、飲みすぎれば酔いが回って体調不良を訴えかねません。体調不良が続けばダイエットにも支障が出るかもしれませんし、酔いがひどくならない程度の量で我慢しておきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.