1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ライスヌードルのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ライスヌードルのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ライスヌードル

ライスヌードルは米を原材料に作られる麺類のことです。米だけでなくジャガイモなどの澱粉を加えることも多く、一般的な小麦粉の麺とは違った食感を持ちます。見た目的は白っぽく、どこか春雨に近いかもしれません。

今回はそんなライスヌードルのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

ライスヌードルのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

ライスヌードルにも様々な種類がありますが、日本で有名なのはビーフンとフォーあたりでしょう。それぞれのカロリーは以下のようになります。

  • ビーフンのカロリー:377kcal/100gあたり
  • フォーのカロリー:356kcal/100gあたり

上記の数字に対して、100gのご飯が168kcalですから、非常にカロリーが高く見えるかもしれません。しかし、ビーフンやフォーのカロリーは水分を含む前の状態ですので、重さに対するカロリーが高いのは当然です。実際、炊く前の白米なら100gあたり356kcalでフォーとちょうど同じカロリー量になります。

ビーフンやフォーの場合は調理時に水分を含むことで3倍程度に膨れ上がりますから、調理後のカロリーは100gあたり120kcal前後だと考えて大丈夫です。水分の含有率にもよりますが、ご飯よりも低カロリーかもしれません。

ただ、焼きビーフンになると豚肉や油などが加わるため、1人前が500kcalや600kcalになる可能性もあります。

ライスヌードルの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にライスヌードルの糖質を見ていきましょう。

  • ビーフンの糖質:79g/100gあたり
  • フォーの糖質:77.1g/100gあたり

糖質制限中の方なら、ご飯の糖質が非常に高く、制限中は基本的に摂取できないとご存知でしょう。そして、ライスヌードルは米を原材料に作られる食品です。

つまり、ライスヌードルも糖質が非常に高く、糖質制限中の摂取は原則として禁止です。水分を吸って3倍程度に膨らむとは言え、ビーフン1食分(50g)で糖質39.5g程度は含みます。

ライスヌードルの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にライスヌードルの脂質を見ていきましょう。

  • ビーフンの脂質:1.6g/100gあたり
  • フォーの脂質:0.3g/100gあたり

白米はほとんど脂質を含まない食品ですから、それを原料に作るライスヌードルも脂質をほとんど含みません。米と一緒に用いられるジャガイモなどの澱粉も低脂質です。

ただ、焼きビーフンなどの料理になると具材や油の使用量に応じて脂質が高くなります。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.