1. ダイエットレスキュー
  2. 食品甘夏のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

甘夏のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

甘夏

甘夏は柑橘類のひとつで、夏みかんの枝変わり種のこと。独特な苦みとすっきりした甘さを持っており、そのまま食べるだけでなくマーマレードやジャムにしていただくことも多いです。

今回はそんな甘夏のカロリー、糖質、脂質を紹介します。

甘夏のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

甘夏は食品成分表に記載がないため、正確なカロリーや糖質は分かりませんが、おそらく夏みかんとそこまでは変わらないでしょう。そこで、今回は夏みかんの数字を参考に甘夏のカロリーや糖質を紹介していきます。

まず、甘夏のカロリーは以下のようになります。

  • 甘夏のカロリー:40kcal/100gあたり

他の柑橘類も100gあたり40kcal前後ですので、柑橘類の中で考えると特に低い数字でも高い数字でもありません。ただ、そもそも柑橘類自体が食品の中でも低カロリーな部類にあり、ダイエット中でも食べやすいと言われています。

甘夏なら1個の可食部が160gくらいですので、まるまる食べても64kcalくらいでしょう。さすがに2個となると危険ですが、1日1個程度の摂取なら問題はないと思われます。

甘夏の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に甘夏の糖質を見ていきましょう。

  • 甘夏の糖質:8.8g/100gあたり

こちらも夏みかんの数字を参考にしているため、少しはズレるかもしれませんが、他の柑橘類も同程度の糖質量ですし、100gあたり20gなど極端に高くなることはないでしょう。

ただ、1個の可食部が160gだと1個あたりの糖質は14.1gほどで、糖質制限的にみるとやや高めです。できれば半分程度にカットし、2日に分けていただきましょう。それでも糖質7gありますので心配な方は1/3にカットするといいかもしれません。

ちなみに、ジャムやゼリーなどの加工品は砂糖が加えられていることがほとんどです。そのため、中には非常に糖質の高い商品もありますし、基本的には避けるべきでしょう。自宅でジャムを作る場合は甘味料を用いることで糖質をカットできます。

甘夏の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に甘夏の脂質を見ていきましょう。

  • 甘夏の脂質:0.1g/100gあたり

柑橘類は脂質をほとんど含みません。もっと言えば、果物類も一部を除けばほとんど脂質を含まないです。脂質は小柄な女性の方でも1食あたり15g前後は摂取できますし、甘夏で脂質オーバーはまずありえないでしょう。

甘夏にはビタミンCなどの栄養が豊富に含まれるため、適量の摂取であればダイエットの強い味方になってくれるかもしれません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.